渋川 義正(しぶかわ よしまさ)は、戦国時代武将備後国小童山城主。

 
渋川義正
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 兵部
墓所 小童山城跡(三原市八幡町美生)
氏族 清和源氏源義国流足利氏庶流渋川氏
父母 父:渋川義陸
兄弟 義正頼基
正室:八幡上(毛利弘元娘)
義満
テンプレートを表示

生涯編集

渋川氏は、足利氏の支流で、室町幕府2代将軍足利義詮の正室である渋川幸子の生家でもあるため、吉良氏斯波氏同様に足利氏一門の中でも将軍家の家族として遇された名門である。義正は数流ある渋川氏の家系のうち、備後に拠点を有した渋川氏嫡流・渋川義行の血筋にて、小童山城、勝山城の二城を拠点に勢力を有していた。

しかし、勢威振るわず、出雲国尼子氏にしばしば脅かされ、義正もまた庶家で旧家臣の板倉氏や近隣の国人領主である小早川氏などに支えられながら家名の存続に苦心していた。毛利弘元の娘が義正の正室となると、後に中国一円の戦国大名となる毛利元就の義弟となり毛利氏親族の後ろ盾を得た。弘元の娘との間には、義満が誕生している。

その他、永禄4年(1561年)、元就の沼田新高山城訪問に親族として随行、列席したと記録がある。