メインメニューを開く

渋川 貞頼(しぶかわ さだより)は、鎌倉時代中期から後期にかけての御家人渋川氏3代当主。

 
渋川貞頼
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 不明
死没 不明
別名 彦三郎
官位 丹波兵部大輔
幕府 鎌倉幕府
氏族 渋川氏
父母 父:渋川義春、母:北条時広
義季、本光院(足利直義室)
テンプレートを表示

2代当主・渋川義春の子として誕生。母は北条時広の娘。諱は9代執権北条貞時の偏諱を受けたものか。

子・義季足利直義に属して中先代の乱で戦死した。娘・本光院は足利直義に嫁いだ。

出典編集