メインメニューを開く

渋沢 秀雄(しぶさわ ひでお、1892年10月5日 - 1984年2月15日)は、東京市出身の実業家文化人

しぶさわ ひでお
渋沢 秀雄
生誕 1892年10月5日
日本の旗東京府東京市
死没 (1984-02-15) 1984年2月15日(91歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
職業 東宝取締役会長
田園都市取締役
後楽園スタヂアム監査役
東映監査役
目黒蒲田電鉄監査役
渋沢栄一

人物編集

渋沢栄一の四男として兜町の洋館で生まれる。幼少時は邸宅の近くにあった日本橋川で泳いでいた。

大学時代の1916年から1917年ころに親戚筋の女性と結婚し、長男の和男アコーディオン演奏者)・華子小説家)ら2男2女を成すも離婚する。大学卒業後は日本興業銀行に勤務したが、1年半勤めて退職し、設立間もない田園都市株式会社に取締役として入社する。この会社は、田園調布洗足田園都市の計画的で大規模な宅地開発を行い、その開発地区のための鉄道敷設・電力供給、多摩川園遊園地の運営も行った。その後は、いくつかの会社で役員を務めた。

敗戦後は、GHQによる公職追放のためそれらの職を辞し[1]、趣味の世界に生きた。随筆の執筆、絵画、俳句、長唄、小唄などをよくした。56歳時、以前から寵愛し、間に子を作っていた花柳界の女性と再婚。また、放送界の委員などを務めた。

経歴編集

家族・親族編集

渋沢家
  • 男・一雄[2]
    1916年 -
  • 男(生母は東京の小出こと)[2]
  • 女・花子[2](華子)
  • 長女(東京、横山兼吉の長男鉄男の妻)[2]
親戚

著書編集

  • 『熱帯の旅』(岡倉書房、1936年)
  • 『父を偲ぶ』(社会教育協会、1936年)
  • 『無風帯』(双雅房、1937年)
  • 『三面鏡』(モダン日本社、1938年)
  • 『父の日記など』(実業之日本社、1939年)
  • 『通学物語』(東宝書店、1941年)
  • 『日照雨』(大日本雄弁会講談社、1946年)
  • 『アメリカ往来』(東宝書店、1948年)
  • 『渋沢栄一』(ポプラ社偉人伝文庫、1952年)
  • 高田保徳川夢声、渋沢秀雄集 現代随想全集〈第26巻〉』(創元社、1955年)
  • 『文明の鈍器』(朋文堂、1955年)
  • 『やたら漬』(河出書房、1956年)
  • 『七曜日』(宝文館、1958年)
  • 『父渋沢栄一』(実業之日本社、1959年)
  • 『渋沢秀雄集』(日本書房「現代知性全集 43」、1960年)
  • 『渋沢栄一』(時事通信社「一業一人伝」、1965年)。新装版2019年
  • 『側面史百年[注 1]』(時事通信社、1967年)
  • 『記憶飛行』(PHP研究所、1973年)
  • 『散歩人生』(電波新聞社、1976年)
  • 『明治を耕した話』(青蛙房、1977年)
  • 『筆のすさび』(電波新聞社、1979年)

栄典編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 戦中日記で、1942年1月1日〜1945年8月16日の渋沢日記も収録している
[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 『公職追放に関する覚書該当者名簿』560頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第13版 上』シ47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年。
  • 雑誌『青淵 渋沢秀雄氏追悼号』渋沢青淵記念財団竜門社、1984年9月号。
  • 渋沢和男『わが父 渋沢秀雄』あずさ書店、1985年、ISBN 4900354066

関連項目編集