渋谷暴動事件

1971年に日本の東京都で発生した事件

渋谷暴動事件(しぶやぼうどうじけん)は、1971年昭和46年)11月14日東京都渋谷区渋谷で発生した革命的共産主義者同盟全国委員会(略称:中核派)による暴動事件。暴動鎮圧にあたっていた機動隊員1名が火炎瓶の襲撃を受けて焼死した。

渋谷暴動事件
場所 東京都渋谷区渋谷
日付 1971年昭和46年)11月14日 (日本標準時)
武器 火炎瓶鉄パイプ
死亡者 1名(警察官)
犯人 革命的共産主義者同盟全国委員会
テンプレートを表示

事件の概要編集

1971年当時、佐藤内閣のもとで沖縄返還協定批准をめぐる国会審議が大詰めを迎えていた[1]

1971年11月10日沖縄県で批准阻止のゼネラル・ストライキが行われ、琉球警察の巡査部長が焼死するなど激しい闘争に発展した(『11.10ゼネスト』または『沖縄ゼネスト』)。11月14日には社共系の「沖縄返還協定批准阻止闘争」が全国で開催されることとなっていたが、反代々木派の集会も各地で催され、革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)は「渋谷に大暴動を」と沖縄ゼネストに呼応した武装蜂起を呼びかけていた。このため渋谷では歩行者天国が中止となり、七五三による収入を見込んでいた商店は休業を余儀なくされた[1][2][3][4][5]警視庁では2年ぶりに最高警備本部が設置され、全国から1万2千人の警察官が動員された[2]

事件当日の11月14日、渋谷では大盾を構えた機動隊員や私服警官らによる厳戒態勢がとられていたが、中核派の学生らはスーツ姿で群衆に紛れこんでこれをかわし、突如白ヘルメットを被って機動隊渋谷駅前派出所を火炎瓶などで襲撃した[1][2]

神山派出所周辺では関東管区機動隊新潟中央小隊(新潟中央警察署)27人が警備に当たっていたが、中核派の学生ら約150人が一斉に火炎瓶を投げてこれに襲いかかった。襲撃を受けた小隊は火炎瓶の炎を浴びた隊員が転げまわり、その火を同僚が消火器でようやく消し止めるという状態であり、一時後退を余儀なくされた。ガス筒発射器(ガス銃)を装備した隊員2人が小隊の最後尾に留まり、後退を支援しようとした。うち1人は所持していた3発のガス弾を撃ち尽くしてから脇道を走って逃れることができたが、もう1人のA巡査(21歳)は「殺せ! 殺せ!」と叫ぶ中核派に取り囲まれ、鉄パイプで乱打されて失神状態に陥った。中核派はさらにA巡査にガソリンをかけた上で「投げろ!」という号令を合図に火炎瓶を次々と投擲した。立ち上がった火柱の高さは、5メートルにもなったという[1]

体勢を立て直した隊員らが戻ると、A巡査は真っ黒になってうずくまっていた。顔の識別が難しいほどの全身火傷を負ったA巡査は新潟県から父と兄が駆け付けてきた数時間後の翌15日21時25分、死亡が確認された[1]。身体の一部が炭化するほど激しく損傷していたため、母親には対面させられなかった[6]。現場道路のアスファルトは変色しており、火勢の凄まじさを物語っていた[7]

A巡査の他に、新潟県警の警官3人が重傷を負った[8]

事件後、中核派は機関紙で「遂にやった! 憎むべきガス銃の射手をせん滅したのだ!」と誇示した[1][9]

やりきれない思いを抱くA巡査の兄は弔問に訪れた警察庁長官後藤田正晴に対し「誰が悪かったのでしょう」「弟を虫けらのように扱った学生は許せない。でも、学生の暴徒化は予想できたはず。どこかで折り合いをつけられなかったのか」とたずねた[1]。A巡査は焼死殉職後、2階級特進し警部補となった(以降、A警部補と表記)。

捜査・容疑者の逮捕編集

警察は、この事件に絡んで暴動を煽った中核派委員長を逮捕した(破壊活動防止法違反により懲役3年執行猶予5年)。A警部補の殺害については、大坂正明・星野文昭・荒川碩哉・奥深山幸男ら中核派の学生7人(17 - 25歳)を犯人と特定した[1]。その内、大坂を除く6名が1972年から1975年8月までに逮捕・起訴された。

裁判編集

奥深山は1979年の一審で懲役15年の判決を受け、東京高裁控訴中の1981年に精神疾患のため公判停止になった[10]2017年2月7日、奥深山は入院先の群馬県内の病院で死去した[10]

星野は1987年無期懲役[11]、荒川は懲役13年が確定した。徳島刑務所で服役中の星野は冤罪を主張し、再審請求を行っていた[11][12]が、2019年5月30日に星野が収容先の東日本人矯正医療センターで死亡した(73歳没)[13][14]

大坂正明の逃亡と逮捕編集

暴動の実質的リーダー(『軍団長』)として学生を率いていたとみられる千葉工業大学生の大坂正明は事件後に逃亡し、全国に指名手配された[1][15][16]

事件は大坂の家族にも影響を及ぼした。姉は退職を余儀なくされ、婚約も破談になった。事件が起こるまで大坂が活動家となっていたことを知らなかった父親は、大坂を勘当したうえで実家にあった大坂の私物をすべて焼却し(これにより大坂の指紋照合が困難になった)、家も引き払った。「(大坂を)東京になんかやるんじゃなかった」と後悔の言葉を口にしていた父親は、事件の数年後に死去した[1]

大坂の消息は1973年11月以降途絶えていたが[17]、共犯者である奥深山が公判中であるため刑事訴訟法第254条第2項により公訴時効が停止しており(事件当時の殺人罪公訴時効は15年だったが、2010年に殺人罪の公訴時効は撤廃される)、殺人放火傷害凶器準備集合公務執行妨害容疑で指名手配され、捜査が続いていた。

2012年3月、警視庁公安部東京都立川市の中核派秘密アジトへ家宅捜索で押収した暗号文書解読した結果、大坂は中核派革命軍のメンバーであり、2012年2月まで別の秘密アジトに潜伏していたことや群馬県内の病院で治療を受けていたことが報道された[1][7][18]。2016年1月には、大坂が2007年から2008年夏頃まで、東京都北区の賃貸マンションにある中核派の非公然アジトに潜伏していた可能性があることが分かった[7][19]。2016年11月1日から、捜査特別報奨金対象事件となり、大坂の逮捕に繋がる情報に300万円の懸賞金がかけられた[7][20]。捜査特別報奨金対象事件としては最古の事件である。

2017年5月18日、大坂は潜伏先の広島県広島市安佐南区の中核派アジトを大阪府警察に捜索を受けた時に、公務執行妨害現行犯逮捕され、6月7日、親族とのDNA型照合で大坂本人と特定され、殺人罪などで再逮捕された[21]裁判員制度で審理される最古の事件と目される一方で、東京地方検察庁裁判員に危害が及ぶ恐れがあるとして裁判員裁判の除外を請求している。弁護士は「容疑者は100%無実」として釈放を求めた[22]が、警視庁公安部が逮捕後に共犯者や目撃者ら全国の100人以上の関係者に対して改めて行った聴取では、大坂の逮捕容疑を否定する供述はなかったという[15]。大坂の逮捕時に中核派アジトで同居していた中核派活動家は、指名手配犯の大坂を匿った犯人蔵匿罪で逮捕・起訴され、大阪地裁から懲役1年8ヶ月の実刑判決を言い渡された[23]

大坂逮捕の連絡を警視庁からもらったA警部補の兄は、「警察の方が本当に頑張って犯人を見つけてくれたよ」と仏壇に報告し[6]、大坂再逮捕後の新聞の取材に対して「どうなるか心配していたが、逮捕されてホッとしている。取り調べや公判を通じて真相を知りたい」と語り、事件の全容解明を願っている[24]

2020年、潜伏先の家賃の振り込みに使われていた銀行口座が、利用目的などを偽って開設されていたとして、広島県山県郡安芸太田町の町議会議員および中核派活動家が、詐欺罪の容疑で広島地方検察庁に書類送検された[25]

事件の記録編集

 
殉職した警察官の慰霊碑。

新潟県警察学校では事件当時警備に従事した警察官が実際に使った装備やA警部補の遺影を展示している[26]

事件現場の渋谷区神山町には2000年にA警部補を悼む句が刻まれた慰霊碑が設置された。現場は当時と様変わりし事件の記憶は風化しつつあるが、現在でも近隣の住民や非番の警察官が慰霊碑の前で手を合わせたり花を供える姿が見られる[27]。2019年まではビルの谷間の目立たない場所に置かれていたが、同年3月20日から隣接地の工事に伴い一時的に渋谷警察署に保管され[28]、翌2020年には誰の目にも触れやすい、ビルの前の道路わきに移設されている。

補記編集

翌日の朝刊報道によれば警察施設12箇所、公共施設2箇所、民家15件が火炎瓶や投石の被害を受け、十数名の民間人が負傷した[2]

池袋駅では機動隊の検問を受けて山手線の車両内に逃げ込んだ大学生が火炎瓶を暴発させ、多数の乗客を負傷させたほか、駅構内での火炎瓶投擲や線路への侵入により、鉄道も被害を受けた[2][3][4][29][30]。負傷した一般乗客に対しては日本国有鉄道から見舞金が支払われた[3]

朝日新聞は、大坂正明が再逮捕された2017年6月7日の朝刊社会面(朝日新聞東京本社版)に「警察官の襟元に油/大坂容疑者関与か/渋谷暴動きょう再逮捕」と見出しを付け、「捜査関係者によると、逮捕された女性の活動家が事件直後、『大坂容疑者が被害者の巡査の襟元に油を注ぎ込むのを見た』と供述したという」などと報じた。これに対し、大坂被告弁護団が朝日新聞社の「報道と人権委員会」(PRC)に申し立てを行った。PRCは「記事は捜査段階での嫌疑報道として、一定の相当性が認められる」としつつも、捜査当局の見立てを確定的な事実であるかのように報じ、読者に誤った印象を与えるおそれがあったとして、逮捕・起訴された被告側の主張も掲載するよう求める見解をまとめた[31]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k “ストーリー:若者たちの半世紀(その2止) 警官と活動家、死と生 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180624/ddm/010/040/173000c 2018年6月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 「沖縄闘争 無差別ゲリラ荒れる」『読売新聞』、1971年11月15日、1面。
  3. ^ a b c “あがきの"玉砕戦"”. 読売新聞: 14. (1971-11-15). 
  4. ^ a b 「火炎ビンで無差別ゲリラ 沖縄闘争で中核派」『朝日新聞』、1971年11月15日、1面。
  5. ^ 「火炎ビン・七五三・菊花賞…」『朝日新聞』、1971年11月15日、23面。
  6. ^ a b 渋谷暴動 殉職した中村さん兄「警察に感謝」”. zakzak (2017年5月24日). 2020年1月13日閲覧。
  7. ^ a b c d 【あの現場は今】鉄パイプに火炎瓶…“理想”に燃える暴徒に警察官は惨殺された 渋谷暴動事件”. 産経ニュース (2016年11月24日). 2020年1月13日閲覧。
  8. ^ “星野受刑者が収容先で死亡 渋谷暴動事件で無期確定”. 共同通信社. (2019年5月31日). https://this.kiji.is/506860103392150625?c=39546741839462401 2019年5月31日閲覧。 
  9. ^ 激しい暴動ではしばしば機動隊が行うガス弾の「水平撃ち」により負傷者が出ており、ガス弾の射手は新左翼から憎悪の対象となっていた。
  10. ^ a b 奥深山被告が入院先で病死 渋谷暴動事件、公判停止中 中核派の活動家 産経新聞 2017年2月14日
  11. ^ a b “1日も早く再審開始を 沖縄闘争のえん罪訴え集会”. 共同通信社. Yahoo!ニュース. (2003年11月15日). オリジナルの2003年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031215173355/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031115-00000127-kyodo-soci 2018年7月13日閲覧。 
  12. ^ “星野文昭 絵画展 会見”. 琉球朝日放送. (2017年4月17日). http://www.qab.co.jp/news/2017041789703.html 2018年7月13日閲覧。 
  13. ^ “渋谷暴動事件で無期懲役確定した星野受刑者が死亡”. 毎日新聞. (2019年5月31日). https://mainichi.jp/articles/20190531/k00/00m/040/014000c 2019年5月31日閲覧。 
  14. ^ 星野文昭さんの生い立ちとたたかい”. 星野さんをとり戻そう! 全国再審連絡会議. 2020年3月7日閲覧。
  15. ^ a b 学生リーダー格「軍団長」か、暴動呼びかけなど積極参加 大坂容疑者を起訴”. 産経新聞 (2017年6月29日). 2017年11月17日閲覧。
  16. ^ “「同僚の仇」思い継承…警察46年の追跡実る 渋谷暴動事件”. 産経ニュース. (2017年6月8日). https://www.sankei.com/affairs/news/170608/afr1706080001-n1.html 2018年6月24日閲覧。 
  17. ^ 渋谷・警官殺害 大坂容疑者か 名前名乗らず黙秘”. 毎日新聞 (2017年5月23日). 2018年6月12日閲覧。
  18. ^ 「渋谷暴動」容疑者、首都圏のアジトに潜伏か”. 日本経済新聞 (2013年2月8日). 2018年6月12日閲覧。
  19. ^ 警視庁が東京・北区の中核派アジト捜索 渋谷暴動事件の大坂容疑者潜伏か”. 産経新聞 (2016年1月18日). 2018年6月12日閲覧。
  20. ^ 渋谷暴動事件 有力情報に「捜査特別報奨金」 最大300万円 産経新聞 2016年11月1日
  21. ^ 渋谷暴動事件、大坂正明容疑者を逮捕 警視庁、事件から46年ぶり”. 産経新聞 (2017年6月7日). 2018年6月12日閲覧。
  22. ^ “渋谷暴動事件の大坂正明容疑者を起訴 東京地検”. 産経新聞. (2017年6月28日). http://www.sankei.com/affairs/news/170628/afr1706280022-n1.html 2017年6月28日閲覧。 
  23. ^ 「中核派」活動家に実刑=渋谷暴動、大坂被告かくまう-大阪地裁”. 時事通信 (2018年4月27日). 2018年6月12日閲覧。
  24. ^ 渋谷暴動事件 「感慨深い」「真相解明を」…容疑者再逮捕で新潟県警や遺族ら”. 産経ニュース (2017年6月8日). 2020年1月13日閲覧。
  25. ^ 書類送検の町議 大坂被告との関係「ノーコメント」”. 産経新聞 (2020年1月16日). 2020年2月6日閲覧。
  26. ^ 防護衣、警棒、手錠…渋谷暴動、死亡警察官と同じ装備公開 事件の風化防ぐ 新潟県警”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2017年5月23日). 2019年5月12日閲覧。
  27. ^ 容疑者再逮捕の日、渋谷暴動の現場歩く 慰霊碑には花が”. 朝日新聞デジタル (2017年6月8日). 2020年1月13日閲覧。
  28. ^ 渋谷暴動の慰霊碑、一時移転 | 社会”. カナロコ. 神奈川新聞 (2019年3月20日). 2019年5月12日閲覧。
  29. ^ “"日曜暴動"怒りの市民”. 読売新聞: 15. (1971-11-15). 
  30. ^ “なぜ市民まで巻添えに!”. 朝日新聞: 3. (1971-11-15). 
  31. ^ 渋谷暴動事件、再逮捕巡る報道 「被告側の主張も掲載を」 朝日新聞社「報道と人権委員会」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年8月2日). 2020年1月13日閲覧。

関連項目編集