渡口 政吉(とぐち せいきち、1917年5月20日 - 1998年8月31日)は、沖縄県那覇市出身の空手家沖縄空手道剛柔流尚禮館初代館長。剛柔流流祖の宮城長順、および比嘉世幸に教えを受ける。

渡口 政吉
とぐち せいきち
個人情報
生誕 1917年5月20日
沖縄県那覇市
死没 1998年8月31日
国籍 日本の旗 日本
職業 空手家

東京都空手道連盟相談役 元東京都中野区空手道連盟相談役 元法政大学沖縄空手道剛柔会師範 元沖縄空手道剛柔流尚禮会会長

代々木修練会空手道場師範

経歴編集

1917年(大正6年)5月、沖縄県那覇区(現・那覇市)に生まれる。1933年(昭和8年3月)剛柔流流祖宮城長順の弟子である比嘉世幸の道場に入門。比嘉世幸と宮城長順の両方に教えを受ける。

1942年(昭和17年)4月南スマトラ・パレンバン製油所に軍属として勤務。その間、軍人および現地人に空手を指導した。1946年(昭和21年)、終戦により沖縄県糸満市に復員。

1952年(昭和27年)、宮城長順を会長として剛柔流振興会が結成されると、常任理事に就任。翌年、宮城の死去により剛柔流振興会を空手道剛柔会に改称(会長・比嘉世幸)、副会長になる。

1954年(昭和29年)、空手道剛柔流研究所尚礼館創立。1956年(昭和31年)に結成された沖縄空手道連盟の理事に就任した。1960年(昭和35年)10月に上京し、以後東京で活動した[1]

創作型編集

以下渡口政吉が創作した空手の型の一覧

  • 撃砕第三
  • 撃破第一
  • 撃破第二
  • 鶴破第一
  • 鶴破第二
  • 白鶴の型
  • 白鶴の舞(白鶴の型に山内盛彬の作曲した伴奏がつく)
  • 合掌の型
  • 基礎組手 1段~10段

映画「ベスト・キッド」での逸話編集

著書編集

  • 『空手の心』 1986年(昭和61年)3月19日発行 角川書店[2]
  • 『空手道教本(I)』 1990年(平成2年)5月20日発行 沖縄空手道剛柔流尚礼舘本部[3]
  • 『空手道教本(II)』 1999年(平成11年)8月15日発行 沖縄空手道剛柔流尚礼舘本部[4]

尚礼館道場訓編集

拳の道は又禅の心でもある。沖縄空手剛柔流尚礼館は拳を学び、修めんと志す人々の為に、六個条の拳章を定めて学修の指針とする。

一、礼節を尊ぶべし

一、和の心を養うべし

一、忍耐する事を学ぶべし

一、精進に徹すべし

一、心と技の一致に務べし

一、空手道の信条を生活にいかすべし

逸話編集

  • 沖縄国際大学学長で沖縄副知事を務めた富川盛武は、明治大学大学院在籍中に週1、2回に東京新宿にある尚礼館の道場へ通い、渡口政吉師範の稽古を受けていた。同時期に法政大学在籍中だった菅義偉も稽古に励んでいた事を副知事に転身後官邸での挨拶の時に知り、渡口政吉の師匠である宮城長順の言葉「人に打たれず、人を打たず、事なきをもととするなり」を御礼状に添える[5]

脚注編集

外部リンク編集