メインメニューを開く
国道230号標識

渡島半島横断道路(おしまはんとうおうだんどうろ)は、北海道山越郡長万部町国縫(道央自動車道国縫IC)と久遠郡せたな町瀬棚港)を結ぶ延長約57 kmの地域高規格道路の路線名である。この区間は国道230号の一部である。現在は花石道路国縫道路が開通している。

目次

構成する道路編集

国縫道路編集

概要編集

  • 起点:北海道山越郡長万部町国縫
  • 終点:北海道瀬棚郡今金町花石
  • 延長:14.9 km
  • 規格:第3種2級
  • 設計速度:60 km/h
  • 幅員:9.0 m
  • 車線:完成2車線

歴史編集

その他編集

  • 長万部町と今金町の境界となる美利河峠(標高139 m)は拡幅され、急カーブ急勾配を解消した。

花石道路編集

概要編集

  • 起点:北海道瀬棚郡今金町花石
  • 終点:北海道瀬棚郡今金町住吉
  • 延長:6.5 km
  • 車線数:2車線
  • 設計速度:80 km/h

歴史編集

  • 平成元年度:事業化。
  • 平成4年度:着工。
  • 平成12年度:供用。

その他編集

  • 1987年に廃止した旧国鉄瀬棚線の跡を活用している。山間部を避けて後志利別川沿いに大きく迂回していた12.1 kmの区間を、花石トンネル(667 m)を設けて5.1 kmに短絡し、急カーブ急勾配を解消した。

その他編集

  • 花石道路からせたな町までのルートは決まっていない。

通過市町村編集

関連項目編集

外部リンク編集