メインメニューを開く

渡瀬 繁詮(わたらせ しげあき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

 
渡瀬 繁詮
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 弘治元年(1555年
死没 文禄4年(1595年
主君 北条氏政羽柴秀吉秀次
氏族 由良氏渡瀬氏
父母 父:由良成繁
兄弟 由良国繁繁詮長尾顕長
女(成田氏長正室)、女(黒田直之室)
正室有馬則頼の娘
詮資

略歴編集

弘治元年(1555年)、由良成繁の次男として誕生。

当初は親兄弟と同じく関東の後北条氏に仕えていたが、やがて中央に上って羽柴秀吉の家臣となった。天正13年(1585年)の紀州征伐千石堀城の戦い)などで活躍した。その後、秀吉の命で豊臣秀次付の家老となり、天正18年(1590年)に秀次が尾張伊勢に封じられると、他の秀次付の家老らと共に東海道諸国に封じられ、遠江国横須賀城主となる。

文禄4年(1595年)、秀次事件の際、秀次の弁明を行うが、連座して改易されたうえ、切腹を命じられた。嫡男詮資がいたが遺領相続は許されず、義弟(正室の弟)にあたる家臣の有馬豊氏が繁詮の領地家臣団を継承した。これは繁詮の領内悪政のためと言われる。子孫は帰農した。