渡辺保

日本の歌舞伎研究家

渡辺 保(わたなべ たもつ、1936年(昭和11年)1月10日 - )は、日本の歌舞伎研究・批評家。放送大学名誉教授・日本芸術院会員。本名渡辺邦夫。祖父はかつて東京屈指の資産家だった東京渡辺銀行頭取の10代 渡辺治右衛門[1][2]。曽祖父は政治家9代 渡辺治右衛門

わたなべ たもつ
渡辺 保
生年月日 (1936-01-10) 1936年1月10日(86歳)
本名 渡辺邦夫
出身地 東京都
職業 歌舞伎研究・批評家
放送大学名誉教授
曽祖父 渡辺治右衛門 (9代目)
祖父 渡辺治右衛門 (10代目)
源一(元横浜正金銀行行員)
輝子
紀代子(長谷川久雄の長女)
受賞
忠臣蔵』で平林たい子文学賞、河竹賞
『昭和の名人豊竹山城少掾』で吉田秀和賞、博士論文(慶大)
四代目市川団十郎』で芸術選奨文部大臣賞
黙阿弥の明治維新』で読売文学賞受賞
平成12年(2000年)紫綬褒章受章
平成21年(2009年)旭日小綬章受章

来歴編集

活動編集

古典から近代劇まで演劇全般に詳しい。また、芸能花舞台NHK教育)にゲストとしてたびたび出演している。

『千本桜』を書いた際、依頼に来た編集者が「渡辺さんは、義経について書いているから…」と言って、歴史学者の渡辺保の『源義経』を取り出したという。 またフランス演劇の渡邊守章とも一時期親しく、「保さん」「守章さん」と呼び合っていた。

演劇誌『テアトロ』にて「田舎の人は演劇よりも北島三郎ショーの方が好きなんだ」と発言した[8]

ウェブサイト批評開始の理由編集

2000年より自身のウェブサイトで歌舞伎批評を始めたのは、新聞などで厳しいことを言うと、興行元(松竹)から新聞に圧力がかかるからだ、と述べている。

受賞・栄典編集

著作編集

  • 『歌舞伎に女優を』牧書店(自費出版) 1965年
  • 『女形の運命』紀伊國屋書店 1974年、筑摩叢書 1991年、岩波現代文庫 2002年
  • 忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』白水社〈白水叢書〉、1981年、中公文庫 1985年、講談社学術文庫 2013年
  • 『俳優の運命』講談社、1981年
  • 『歌舞伎手帖』駸々堂出版、1982年、講談社 2001年、角川文庫 2012年
  • 『歌舞伎の役者たち』駸々堂出版、1983年
  • 『劇評になにが起ったか』駸々堂出版、1983年
  • 娘道成寺』駸々堂出版、1986年
  • 東洲斎写楽』講談社、1987年、講談社文庫 1990年
  • 『歌舞伎 過剰なる記号の森』新曜社、1989年、ちくま学芸文庫 1993年
  • 中村勘三郎』講談社、1989年
  • 『千本桜 花のない神話』東京書籍、1990年
  • 『日本の舞踊』岩波新書、1991年
  • 『歌舞伎という宇宙 私の古典鑑賞』筑摩書房、1991年
  • 『仁左衛門の風格』河出書房新社、1993年
  • 『昭和の名人豊竹山城少掾 魂をゆさぶる浄瑠璃』新潮社、1993年
  • 『舞台という神話』新潮社、1994年
  • 『四代目市川団十郎』筑摩書房、1994年
  • 『歌舞伎劇評』朝日新聞社、1994年
  • 『勧進帳 日本人論の原像』ちくま新書、1995年
  • 『能のドラマツルギー 友枝喜久夫仕舞百番日記』角川書店、1995年、角川ソフィア文庫 2002年
  • 『芝居の食卓』柴田書店、1996年、朝日文庫 2001年
  • 『黙阿弥の明治維新』新潮社、1997年、岩波現代文庫 2011年
  • 『芸の秘密』角川選書、1998年
  • 『歌右衛門伝説』新潮社、1999年
  • 『劇評家の椅子 歌舞伎を見る』朝日新聞社、2000年
  • 『歌舞伎ナビ』マガジンハウス、2003年
  • 『歌舞伎 型の魅力』角川書店、2004年、角川ソフィア文庫 2013年
  • 『近松物語 埋もれた時代物を読む』新潮社、2004年
  • 『歌舞伎のことば』大修館書店、2004年
  • 『批評という鏡』マガジンハウス、2005年
  • 『名女形・雀右衛門』新潮社、2006年、「女形とは 名女形雀右衛門」 角川ソフィア文庫 2012年
  • 『演劇入門 古典劇と現代劇』放送大学、2006年
  • 『舞台を観る眼』角川学芸出版、2008年
  • 『歌舞伎の見方』角川選書、2009年
  • 『江戸演劇史』講談社、2009年 
  • 『渡辺保の歌舞伎劇評』角川学芸出版、2009年 
  • 『私の「歌舞伎座」ものがたり』朝日新書、2010年
  • 『能ナビ 誰も教えてくれなかった能の見方』マガジンハウス、2011年
  • 『私の歌舞伎遍歴 ある劇評家の告白』演劇出版社、2012年
  • 『明治演劇史』講談社、2012年 
  • 『煙管の芸談』幻戯書房、2014年 
  • 『身体は幻』幻戯書房、2014年 
  • 『戦後歌舞伎の精神史』講談社、2017年
  • 『演出家鈴木忠志 その思想と作品』岩波書店、2019
  • 『文楽ナビ』マガジンハウス、2020
  • 『観劇ノート集成 第一巻 昭和二十七・八・九年』: NextPublishing Authors Press 2020

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 昭和恐慌の隠された歴史 佐高 信(著) - 七つ森書館” (日本語). 版元ドットコム. 2021年7月9日閲覧。
  2. ^ a b Mori, Mayumi; 森まゆみ (Heisei 8 [1996]). Meiji Tōkyō kijinden. Tōkyō: Shinchōsha. ISBN 4-10-410001-3. OCLC 35728448. https://www.worldcat.org/oclc/35728448 
  3. ^ Sataka makoto no showashi.. Makoto Sataka, 信 佐高. Kadokawa. (2018.8). ISBN 978-4-04-400410-1. OCLC 1051199737. https://www.worldcat.org/oclc/1051199737 
  4. ^ 渡邊治右衞門 (第8版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2021年7月9日閲覧。
  5. ^ (中国語) 人事興信錄. 人事興信所. (2005). https://books.google.co.nz/books?id=o0Q0AQAAIAAJ&newbks=0&printsec=frontcover&pg=PP2209&dq=%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%BF%9D+%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%80%80%E6%BC%94%E5%8A%87%E8%A9%95%E8%AB%96%E5%AE%B6&hl=ja&redir_esc=y 
  6. ^ Sataka, Makoto、佐高信 『Shitsugen kyōkō : dokyumento ginkō hōkai』(Shohan)Kadokawa Shoten、Tōkyō、Heisei 16 [2004]、144頁。ISBN 4-04-377501-6OCLC 60800283https://www.worldcat.org/oclc/60800283 
  7. ^ 『昭和演劇大全集』菊田一夫の項
  8. ^ 東京芸術見本市 2010 セミナー 採録集”. www.tpam.or.jp. www.tpam.or.jp. 2021年10月5日閲覧。
  9. ^ 歌舞伎小道具の湯川弘明さんが黄綬褒章を受章”. 歌舞伎 on the web. 2012年6月15日閲覧。

外部リンク編集