メインメニューを開く

渡邊 守章(わたなべ もりあき、1933年3月20日 - )は、日本演出家フランス文学研究者[1]東京大学名誉教授放送大学名誉教授。

目次

略歴編集

東京出身。都立日比谷高校東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。同大学大学院仏文科修了(文学博士)。1971年東京大学教養学部助教授、78年教授、88年教養学科表象文化論専攻研究室を創設し初代主任を務めた。93年定年退官、名誉教授、放送大学教養学部教授、副学長、2007年名誉教授。2008年京都造形芸術大学特任教授。2014年3月末まで京都造形芸術大学舞台芸術研究センター長を務めた。

フランス芸術文化勲章、国家功労賞オフィシエ受章。2006年、クローデル『繻子の靴』の翻訳で、日本翻訳文化賞毎日出版文化賞受賞。2007年、ロラン・バルト『ラシーヌ論』の翻訳で読売文学賞を受賞。フランスの哲学者ミシェル・フーコーの日本への紹介にも大きく寄与した。

クローデル、ジャン・ラシーヌなどのフランス演劇を専門としたが、能楽など日本演劇にも造詣が深い。1970年には観世寿夫らと「冥の会」を結成し演劇活動を行い、1979年より演劇集団 円の演出家として活躍。ラシーヌの『フェードル』を能様式で演出、フランスでも上演した。ほかに『能ジャンクション・葵上』のような実験的な能や、クローデル、コクトーのほか、多くの近代演劇の上演を行い、1996年から演劇製作「空中庭園」に拠って演出活動を行う。野村萬斎を武司時代(十代期)からいち早く起用、渡辺謙も守章演出で初舞台を踏んでいる。演劇企画『空中庭園』主宰。

主な演出作品編集

著作編集

単著編集

  • 『ポール・クローデル 劇的想像力の世界』中央公論社、1975。博士論文
  • 『虚構の身体 演劇における神話と反神話』中央公論社、1978
  • 『芝居鉛筆書き』冬樹社、1983
  • 『劇場の思考』岩波書店、1984
  • 『パリ感覚 都市を読む』岩波書店〈旅とトポスの精神史〉、1985/岩波現代文庫(新編)、2006
  • 『フーコーの声 思考の風景』哲学書房、1987
  • 『踊ること・劇 舞台のある風景』新書館、1987
  • 『演劇的欲望について こえ・ことば・すがた』筑摩書房、1987
  • 『演劇とは何か』講談社学術文庫、1990。文庫オリジナル
  • 『快楽と欲望 舞台の幻想について』新書館、2009 
  • 『越境する伝統 渡邊守章評論集』ダイヤモンド社、2009 

対談・編著編集

  • 『哲学の舞台』ミシェル・フーコー 朝日出版社(エピステーメー叢書) 1978、増補改訂版2007
  • 『空間の神話学 対談集』朝日出版社 (エピステーメー選書) 1978
  • 『仮面と身体 対談集』朝日出版社(エピステーメー選書) 1978
  • 『時間の部屋 対談集』朝日出版社(エピステーメー叢書) 1980
  • 『幽玄-観世寿夫の世界』リブロポート 1980
  • 『劇場の余白に 対談集』青土社 1985
  • 『演戯する都市』如月小春対談 平凡社 1986
  • 『「フェードル」の軌跡』新書館 1988

共編著編集

  • 『フランス』 山口昌男蓮實重彦共著 岩波書店 1983
  • 『マラルメ全集 Ⅰ-Ⅴ』 ステファヌ・マラルメ 筑摩書房 1989-2010。編集委員
  • 『ミシェル・フーコーの世紀』蓮實重彦共編 筑摩書房 1993
  • 『舞台芸術論 放送大学教材』放送大学教育振興会 1996
  • 『演劇を読む 放送大学教材』渡辺保浅田彰共著 放送大学教育振興会 1997
  • 『フランスの文学 17世紀から現代まで 放送大学教材』塩川徹也共編 放送大学教育振興会 1998、日本放送出版協会 2003
  • 『ミシェル・フーコー思考集成』(全10巻)筑摩書房 1998-2002。蓮實重彦と監修
  • 『舞台芸術の現在』日本放送出版協会 2000
  • 『表象文化研究 文化と芸術表象』放送大学教育振興会 2002
  • 『フランス文学』柏倉康夫石井洋二郎共著 放送大学教育振興会 2003

主な翻訳編集

脚注編集

外部リンク編集