渡辺幸男(わたなべ ゆきお 1948年 - )は、日本の経済学者。慶應義塾大学経済学部教授。日本中小企業学会会長。専攻は中小企業論、工業経済論。

来歴[1]編集

1948年3月神奈川県川崎市に生まれる[2]慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部を卒業。慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了、博士課程単位取得退学。国内産業集積の構造変化、中国浙江省温州市を中心とした産業発展、などの研究に取り組む。

著書編集

  • 21世紀中小企業論―多様性と可能性を探る 有斐閣アルマ(共著:黒瀬直宏、小川正博ほか)2001年
  • 中小企業の現状とこれからの経営―21世紀の中小企業経営 中央大学企業研究所研究叢書(共著:前田重朗ほか)1999年
  • 大都市圏工業集積の実態―日本機械工業の社会的分業構造 実態分析編〈1〉 慶應義塾大学出版会1998年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 経歴”. 2022年1月27日閲覧。
  2. ^ 要人探訪”. 2022年10月24日閲覧。

外部リンク編集