メインメニューを開く

渡辺 政隆(わたなべ まさたか、1955年 - )は、日本のサイエンスライター、翻訳家筑波大学広報室教授。専門は科学史進化生物学科学コミュニケーション

新潟県生まれ。東京大学大学院農学系研究科修士課程修了、1985年東京大学大学院農学系研究科農業生物学専攻単位取得満期退学 。1981年東北大学理学博士

2002年文部科学省科学技術政策研究所上席研究官、2008年独立行政法人科学技術振興機構科学コミュニケーションスーパーバイザー、2009年独立行政法人科学技術振興機構エキスパート(科学コミュニケーション推進担当)、2012年1月筑波大学教授(広報室サイエンスコミュニケーター)。文部科学省科学技術政策研究所客員研究官、和歌山大学客員教授、日本大学芸術学部客員教授、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科客員教授。

目次

著書編集

共著編集

  • 『地球という奇跡を見つめて わたしたちの星をめぐる60の物語 サイエンス・インフォメーション』吉岡安之共著 TDK株式会社監修・編 テン・ブックス 1995

翻訳編集

  • ポール・コリンヴォー『猛獣はなぜ数が少ないか 生態学への招待』樋口広芳共訳 早川書房 1982
  • フランシス・ヒッチング『キリンの首 ダーウィンはどこで間違ったか』樋口広芳共訳 平凡社 1984
  • ベルンド・ハインリッチ『ヤナギランの花咲く野辺で 昆虫学者のフィールドノート』どうぶつ社 1985 自然誌選書
  • ヴィクター・B.シェファー『進化の博物学 めくるめく生物の多様性』榊原充隆共訳 平河出版社 1986
  • Th.A.グージほか『進化思想のトポグラフィ』大谷隆昶,浜口稔,栂正行共訳 平凡社 1987 叢書ヒストリー・オヴ・アイディアズ
  • スティーヴン・J.グールド『個体発生と系統発生 進化の観念史と発生学の最前線』仁木帝都共訳 工作舎 1988
  • ジョン・アルコック『サボテンと捕虫網 ソノーラ砂漠のフィールドノート』鈴木信彦共訳 平河出版社 1988
  • スティーヴン・ジェイ・グールド『ニワトリの歯 進化論の新地平』三中信宏共訳 早川書房 1988 のち文庫 
  • デズモンド・モリス『競馬の動物学 ホース・ウォッチング』平凡社 1989
  • ドナルド・R.グリフィン『動物は何を考えているか』どうぶつ社 1989 自然誌選書
  • 高木春山『本草図説 3 動物』新妻昭夫と校註 リブロポート 1989 江戸博物図鑑
  • D.ノーマン『恐竜のすべて こども動物大百科 別巻』平凡社 1990
  • スティーヴン・J.グールド『時間の矢・時間の環 地質学的時間をめぐる神話と隠喩』工作舎 1990
  • デズモンド・モリス『動物との契約 人間と自然の共存のために』平凡社 1990
  • デイヴィッド・M.ラウプ『ネメシス騒動 恐竜絶滅をめぐる物語と科学のあり方』平河出版社 1990
  • スティーヴン・ジェイ・グールド『嵐のなかのハリネズミ』早川書房 1991
  • ナイルズ・エルドリッジ『進化論裁判 モンキー・ビジネス』平河出版社 1991
  • ニコラス・ソーンダズ『ネコの宗教 動物崇拝の原像 イメージの博物誌』平凡社 1992
  • ロバート・オークローズ,ジョージ・スタンチュー『新・進化論 自然淘汰では説明できない!』平凡社 1992
  • ペーター・ヴェルンホファー『動物大百科 別巻 2 翼竜』平凡社 1993
  • ベルンド・ハインリッチ『ブボがいた夏 アメリカワシミミズクと私』平河出版社 1993
  • エドワード・ホーグランド『幻のマウンテンライオン』東京書籍 1993 シリーズ・ナチュラリストの本棚
  • スティーヴン・ジェイ・グールド『ワンダフル・ライフ バージェス頁岩と生物進化の物語』早川書房 1993 のち文庫 
  • バーンド・ハインリッチ『ワタリガラスの謎』どうぶつ社 1995
  • デイヴィッド・M.ラウプ『大絶滅 遺伝子が悪いのか運が悪いのか?』平河出版社 1996
  • スティーヴン・ジェイ・グールド『八匹の子豚 種の絶滅と進化をめぐる省察』早川書房 1996
  • エド・レジス『ウイルス・ハンター CDCの疫学者たちと謎の伝染病を追う』早川書房 1997
  • ジョナサン・ミラーほか『消された科学史』大木奈保子共訳 みすず書房 1997
  • ポール・ラビノウ『PCRの誕生 バイオテクノロジーのエスノグラフィー』みすず書房 1998
  • ロドニー・バーカー『川が死で満ちるとき 環境汚染が生んだ猛毒プランクトン』大木奈保子共訳 草思社 1998
  • スティーヴン・ジェイ・グールド『暦と数の話 グールド教授の2000年問題』早川書房 1998
  • グールド『フルハウスー生命の全容 四割打者の絶滅と進化の逆説』早川書房 1998 のち文庫
  • エイドリアン・デズモンド,ジェイムズ・ムーア『ダーウィン 1809-1851 世界を変えたナチュラリストの生涯』工作舎 1999
  • S.グリフィスス編『世界の知性が語る21世紀』松下展子共訳 岩波書店 2000
  • バーンド・ハインリッチ『熱血昆虫記 虫たちの生き残り作戦』榊原充隆共訳 どうぶつ社 2000
  • グールド『干し草のなかの恐竜 化石証拠と進化論の大展開』早川書房 2000
  • カール・ジンマー『水辺で起きた大進化』早川書房 2000
  • ガブリエル・ドーヴァー『拝啓ダーウィン様 進化論の父との15通の往復書簡』光文社 2001
  • J.M.W.スラック『バイオ研究室の表と裏 エッグ&エゴ』佐竹弓月共訳 新思索社 2001
  • グールド『ダ・ヴィンチの二枚貝 進化論と人文科学のはざまで』早川書房 2002
  • リチャード・フォーティ『生命40億年全史』、草思社 2003 のち文庫(上下)
  • ランドル・ケインズ『ダーウィンと家族の絆 長女アニーとその早すぎる死が進化論を生んだ』松下展子共監訳 白日社 2003
  • カール・ジンマー『「進化」大全 ダーウィン思想:史上最大の科学革命』光文社 2004
  • オリヴィア・ジャドソン『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座 セックスが生物を進化させた』光文社 2004
  • グールド『マラケシュの贋化石 進化論の回廊をさまよう科学者たち』早川書房 2005
  • アダム・フィリップス『ダーウィンのミミズ、フロイトの悪夢』みすず書房 2006
  • アンドリュー・パーカー『眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く』今西康子共訳 草思社 2006
  • ショーン・B.キャロル『シマウマの縞蝶の模様 エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源』経塚淳子共訳 光文社 2007
  • Stephanie Pace Marshall,Judith A.Scheppler,Marshall,Michael J.Palmisano 編『科学力のためにできること 科学教育の危機を救ったレオン・レーダーマン』監訳 野中香方子訳 近代科学社 2008
  • 『100の知識』文研出版 日本語版監修 2008- 
  • イゴール・ジヴァノヴィッツ『クローズアップ大図鑑』日本語版監修 ポプラ社 2009
  • ダーウィン『種の起源光文社古典新訳文庫(上下) 2009
  • リチャード・フォーティ『地球46億年全史』野中香方子共訳 草思社 2009 
  • リチャード・フォーティ『乾燥標本収蔵1号室 大英自然史博物館迷宮への招待』野中香方子共訳 NHK出版 2011
  • グールド『ぼくは上陸している 進化をめぐる旅の始まりの終わり』早川書房 2011
  • デボラ・ブラム, メアリー・クヌードソン, ロビン・マランツ・ヘニグ編『サイエンスライティング 科学を伝える技術』監訳 今西康子, 山越幸江訳 地人書館 2013
  • ミック マニング, ブリタ グランストローム『ダーウィンが見たもの』福音館書店 2014
  • デヴィッド・クリスチャン『ビッグヒストリー入門 科学の力で読み解く世界史』WAVE出版 2015

参考編集