渡辺歩

日本の男性アニメーター、アニメ監督、アニメ演出家

渡辺 歩[注 1](わたなべ あゆむ、1966年9月3日 - )は、日本男性アニメーターアニメーション演出家アニメーション監督[1]東京都出身[1]。別名に渡辺 カケルがある[注 2]

わたなべ あゆむ
渡辺 歩
渡辺 歩
2019年
別名義 渡辺 カケル
生年月日 (1966-09-03) 1966年9月3日(57歳)
出身地 日本の旗 日本東京都練馬区
職業
ジャンル
活動期間 1984年 -
主な作品
監督(テレビアニメ)

監督(映画)

キャラクターデザイン
 
受賞
文化庁メディア芸術祭
アニメーション部門大賞

2019年海獣の子供
毎日映画コンクール
アニメーション映画賞
2000年おばあちゃんの思い出
2019年海獣の子供
テンプレートを表示

来歴

編集

元々は美術大学を目指していたが、進学に失敗して「絵でご飯が食べられたら」という安易な気持ちでアニメーション専門学校代々木アニメーション学院に入ったのがきっかけでアニメーターを目指す[2]。代々木アニメーション学院中退後、作画スタジオを1つ経て、1986年(昭和61年)にスタジオメイツへ入社[1][3]。3カ月ほど動画の線を引く訓練を受けてから現場に入り、映画『ドラえもん のび太と竜の騎士』で動画デビュー[2]。そこから月に1本のペースでスタジオメイツが請けていたテレビシリーズ『ドラえもん』の動画を担当していた[2]

1988年(昭和63年)にシンエイ動画へ移籍[1]。それからは同社を退社するまで、一貫して『ドラえもん』作品の制作に携わる。原画作画監督など、アニメーターとして長く携わった後、演出も手掛けるようになる[4]絵コンテ・演出を経て、劇場中編『帰ってきたドラえもん』で初めて監督を担当する[2]。初演出が30歳前後と同世代と比べて出遅れていたので、当時、シンエイ動画に在籍していた原恵一に相談したところ、「もっと焦った方がいい」とアドバイスされ、自分が持っているものはすべて同作品で出そうと決意した[2]。そして、そこから『ぼくの生まれた日』までの5本の連作劇場中編を手掛けた[2]。2000年の『おばあちゃんの思い出』では、第55回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞した。2005年(平成17年)にテレビシリーズが『ドラえもん (2005年のテレビアニメ)』にリニューアルすると、新しいキャラクター設定(キャラクターデザイン)を任された[1]2006年(平成18年)3月4日公開の映画『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』で初の長編作品監督を務める[1]。同作品は第1回Invitation AWARDSアニメーション賞を受賞した。2011年3月11日東日本大震災では、「ドラげんき」プロジェクトとして紙芝居「まじんのいない魔法のランプ」のイラストを執筆した。

2011年(平成23年)、シンエイ動画を退社しフリーとなる。フリー後は、主にテレビシリーズの監督を手がける[1]

2019年公開の『海獣の子供』で、2度目となる毎日映画コンクールアニメーション映画賞[5]、および第23回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞[6]をそれぞれ受賞した。

人物・作風

編集

スタジオメイツ時代には一川孝久(その後、スタジオコメットに所属)、シンエイ動画時代には中村英一(元同社作画部部長)に師事。スタジオメイツからシンエイ動画へ移籍する際には『ドラえもん』制作を通じてつながりのあった中村やシンエイの演出家たちに自分を売り込み、中村の推薦もあって採用試験に合格した[2]

小さい子供が見て、いつまでも記憶にこびりついて離れないような作品作りを常に意識している[4]

渡辺の作画はシンエイ動画の前身であるAプロダクションの作品『ど根性ガエル』『ガンバの冒険』などを彷佛させるけれん味に溢れた動きで、演出もやや過剰であり「"ドラクラッシャー"と呼ばれて賛否両論を生んだ」と自身で語っている[7]。しかし、原作の魅力を最大限に生かす作風や、キャラクターの表情や動きを豊かに表現する演出は高く評価されている。また、しずかについては極力可愛らしく描くなどのこだわりを持っている[8]

シンエイ動画の監督作品では『ドラえもん』などの他に映画『パーマン』2作を手がける。2005年以降『パーマン』の続編が制作されていないが『ファミ通』のインタビューで「完結させたい」との発言をしている。

アニメはごく一般的な子供として楽しんでいた[4]。影響を受けた作品に『アルプスの少女ハイジ』や『赤毛のアン』、『あしたのジョー』(特に『あしたのジョー2』)、『エースをねらえ』などを挙げている[4][9]。『アルプスの少女ハイジ』と『あしたのジョー2』は、『ドラえもん』の劇場版の監督として初めて作品に責任を持たなければいけない立場になった時、自分がなぜこれらの作品を良いと思うのかを検証しようと見直してみた[4]。アニメーションとして『アルプスの少女ハイジ』の動きや音、色がついて表現されたものが今でも自分の中に残っているという[4]。また『ハイジ』や『赤毛のアン』における高畑勲の構成の巧みさには圧倒された[4]。『あしたのジョー』や『エースをねらえ』では単純に作品を楽しんだが、『あしたのジョー2』では出﨑統のいわゆる出崎演出に魅せられ、セリフで観客に分かりやすく伝えるのとは違う、エモーショナルな部分、感情に訴えかけることの大切さに気付かされたという[9]

『ドラえもん』に参加することになった時には、実は藤子・F・不二雄へのリスペクトゆえに仕事としては関わりたくないという気持ちがあった[2]

参加作品

編集

テレビアニメ

編集
1987年
1988年
1990年
2001年
2002年
2003年
2005年-
2012年
  • 謎の彼女X監督・#1,2,8絵コンテ・OPED絵コンテ・ED演出)
  • 宇宙兄弟(-2014年、監督・#1,52-54絵コンテ・OPED絵コンテ・ED演出・#97声の出演[注 7]
2013年
2014年
2015年
2016年
2018年
2020年
2021年
2022年
2024年
2025年

劇場アニメ

編集
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2014年
2019年
2021年

その他の仕事

編集
  • 小学館のテレビ絵本 映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年、原画描き下ろし)
  • うごくえほん のび太の恐竜(2006年、水彩イラスト描き下ろし)
  • 藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』6巻(2010年、解説を執筆)
  • まじんのいない魔法のランプ(2011年、紙芝居描き下ろし)
  • ソウルキャリバーV(2012年、カットシーン監督)
  • アニゲー☆イレブン!(2021年、第292回ゲスト)

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 過去に渡部 歩クレジットされたこともあった。
  2. ^ シンエイ動画所属時に社外作品に参加する際に使用した。
  3. ^ ドラえもんのうた東京プリン版(2002年10月4日-2003年4月11日)・渡辺美里版(2003年4月18日-2004年4月23日)を担当。
  4. ^ 2005年4月15日放送分より2013年1月25日放送分までクレジット。
  5. ^ ノークレジット。
  6. ^ 夢をかなえてドラえもん』2009年5月1日放送分から2009年9月18日放送分まで使用したものを担当。
  7. ^ 劇中に登場するお笑いコンビ、ティッシュ太郎のティッシュ役を演じている。

出典

編集
  1. ^ a b c d e f g 小黒祐一郎 (2019年7月9日). “[先行公開]渡辺歩・小西賢一が語る『海獣の子供』前編 描くべきだった事とあえて描かなかった事”. WEBアニメスタイル. 株式会社スタイル. 2023年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 宮昌太郎 (2022年7月29日). “渡辺歩③ 大事なことはすべて『ドラえもん』から教わった”. Febri. 一迅社. 2023年11月21日閲覧。
  3. ^ 「この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001」記載。
  4. ^ a b c d e f g 宮昌太郎 (2022年7月25日). “渡辺歩① 表現の自由さに打ちのめされた『アルプスの少女ハイジ』”. Febri. 一迅社. 2023年11月21日閲覧。
  5. ^ “「蜜蜂と遠雷」が日本映画大賞など3冠 毎日映画コンクール”. 時事通信. (2020年1月22日). https://web.archive.org/web/20200122091038/https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012200742&g=soc 2020年1月22日閲覧。 
  6. ^ 第23回アニメーション部門 受賞作品 - 文化庁メディア芸術祭
  7. ^ 「Quick Japan vol.65」P.44記載。
  8. ^ 「ぼくドラえもん第15号」P.6-7記載。
  9. ^ a b 宮昌太郎 (2022年7月27日). “渡辺歩② 見直すたび、かつての自分に戻れる『あしたのジョー2』”. Febri. 一迅社. 2023年11月21日閲覧。
  10. ^ 彼女がフラグをおられたら: 作品情報”. アニメハック. 2020年8月28日閲覧。
  11. ^ グラゼニ : 作品情報”. アニメハック. 2020年5月14日閲覧。
  12. ^ 「メジャーセカンド」ヒロインの睦子役は花澤香菜、高森奈津美と笹本優子も出演(コメントあり)”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年2月6日). 2020年1月9日閲覧。
  13. ^ 春アニメ『メジャーセカンド』第2シリーズの追加声優として山下大輝さんが出演決定! 放送日時やキービジュアル、メインスタッフ&声優が明らかに”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2020年1月9日). 2020年1月9日閲覧。
  14. ^ TVアニメ『古見さんは、コミュ症です。』公式サイト”. 2021年5月11日閲覧。
  15. ^ SFサスペンス「サマータイムレンダ」特報でアニメ映像初披露、監督は渡辺歩”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年10月14日). 2021年10月14日閲覧。
  16. ^ 「君は冥土様。」に熊谷俊輝&上田麗奈が出演 監督は渡辺歩、シリーズ構成は赤尾でこ”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年3月21日). 2024年3月21日閲覧。
  17. ^ 「とんがり帽子のアトリエ」2025年にTVアニメ化!監督は「海獣の子供」の渡辺歩”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年7月5日). 2024年7月5日閲覧。
  18. ^ “映画『海獣の子供』芦田愛菜、窪塚洋介の息子・愛流らが声優”. シネマトゥデイ. (2019年2月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0107119 2019年2月27日閲覧。 

関連項目

編集