メインメニューを開く

渡辺 繁(わたなべ しげる、1957年4月14日[1] - )は、日本実業家アニメーションプロデューサー福島県平市(現:いわき市)出身[2][3]。株式会社スカイフォール専務取締役[2]

わたなべ しげる
渡辺繁
生誕 (1957-04-14) 1957年4月14日(62歳)
福島県平市
職業 映像プロデューサー
会社経営者
受賞 第21回藤本賞奨励賞
第9回アニメーション神戸特別賞

目次

略歴編集

大学卒業後、1981年バンダイグループポピーに入社し、村上克司の下で怪獣ブーム再来を狙った「リアルホビー[4]」の企画開発に携わる[5]

1983年3月、映像事業立ち上げのためバンダイ・フロンティア事業部へ異動し、特撮・アニメを中心としたビデオレーベル「EMOTION」の設立[5]、世界初のOVAダロス』製作[6]、特撮専門誌「シネフェックス (Cinefex日本版」創刊[7]などに関わる。以後、バンダイ初の自主製作映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を始めとして『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『人狼 JIN-ROH』『メトロポリス』『スチームボーイ』などの劇場作品、『電脳コイル』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズなどのテレビ番組をプロデュースする[2]。また、ディズニー映画の国内セルスルー販売や、シド・ミードの映像付き作品集『KRONOLOG(クロノログ)』の企画などに携わる[8]

1997年6月、バンダイビジュアル取締役社長に就任[9]。同年10月、大型プロジェクト「デジタルエンジン構想」を発表する[10]

1999年5月、同社専務取締役映像事業部本部長に異動[9]。「映像ソフト作りに直接関わりたい」ため、2年間で社長退任を申し出る[11]

2001年、第21回藤本賞奨励賞を受賞[12]2004年、第9回アニメーション神戸特別賞を受賞[13]

2006年3月、エモーション(旧エモーションミュージック)取締役社長に就任[14]

2011年東日本大震災発生とともに30年勤務したバンダイナムコグループを退社[2]

2018年、元アニプレックスA-1 Pictures社長の植田益朗と株式会社スカイフォール (Skyfall) を設立。

エピソード編集

  • 大学時代にウルトラマンの着ぐるみショーのアルバイトをした時、夢中でショーを観ている子供の瞳がきれいで、「ウルトラマンのようなヒーローを作りたい」と思った[15]。ショーが終わって着ぐるみを脱ぐと中に「ポピー」とスポンサー名が書いてあり、こういう会社ならヒーローが作れると思い、親会社のバンダイの入社試験を受けた[15]
  • バンダイが映像事業に参入したのは、六本木に設営していたアンテナショップが大赤字になり、「うちはメーカーだから、何かを作って赤字を埋めよう」「ビデオはどうだ?」と考えたため[16]。渡辺は「映画に詳しいようだから」という大まかな理由で、ポピーから転属を命じられた[16]。当初は予算もノウハウも無く、メジャー映画の版権など買えないので、まだニッチなジャンルだったアニメを取り扱うことになった[16]
  • EMOTIONレーベル設立にあたり、渡辺はイースター島モアイ像をモチーフにしたロゴマークを考案した(デザインは読売広告社のデザイナーに依頼した)[5]。高校時代に見たNHK放送開始50周年記念番組「未来への遺産」で紹介されたモアイ像がヒントになったという[5]。デザイン初案ではモアイ像は1体のみだったが、「人々の顔」にみえるよう、大小2体を並べるデザインにした[5]。また、ポピー時代から培ってきた反骨精神のあらわれとして、バンダイのロゴマーク(赤い四角形の中に白文字の「BANDAI」)に対抗して、三角形の中に黄色と紺色という配色にした[7]
  • バンダイナムコゲームス社長の鵜之澤伸は、1981年の同期入社組。EMOTIONレーベル設立時、渡辺はホビー事業部から鵜之澤を獲得するためバンダイ創業者の山科直治会長宅に出向いて直談判した[17]
  • バンダイの『王立宇宙軍』製作は、DAICON FILM岡田斗司夫が渡辺のところへ企画書を持ち込んだことから始まる(渡辺はポピーでリアルホビーを担当していた頃、ゼネラルプロダクツ関係者と知り合った)[18]。渡辺は映画作りの素人ながら、役員会へのプレゼンテーションから作品完成まで3年間、GAINAXの制作を献身的にサポートした[19][20][21][22]。映画公開後は燃え尽き症候群から鬱病になり、7カ月間会社を休職した[23]。この頃の経験があまりにも濃すぎたので、『トップをねらえ2!』まで16〜17年間はGAINAX作品に携わらなかった[15]

作品編集

出典:映画.com[1]、allcinema[2]、Movie Walker[3]

テレビ編集

映画編集

ビデオ編集

参考文献編集

  • 堀田純司/GAINAX 『ガイナックス・インタビューズ』 講談社、2005年7月15日、ISBN 4063646432

脚注編集

  1. ^ 『B-CLUB SPECIAL オネアミスの翼 王立宇宙軍 コンプリーテッドファイル』、バンダイ、1987年、p.44。
  2. ^ a b c d PROFILE”. 株式会社スカイフォール. 2019年8月16日閲覧。
  3. ^ 『ガイナックス・インタビューズ』、417頁。
  4. ^ バルタン星人ガメラ大魔神などの男児向け特撮キャラクターを、ガレージキットのようなリアルタッチで再現した組み立てフィギュア。
  5. ^ a b c d e 第1回 モアイの謎(Artists Liaison Ltd. 2000年11月3日) - ウェイバックマシン(2003年3月10日アーカイブ分)
  6. ^ 第2回 世界初のOVA ダロス(Artists Liaison Ltd. 2000年12月14日) - ウェイバックマシン(2003年3月10日アーカイブ分)
  7. ^ a b エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第8回 感動の群像 モアイ誕生の秘密(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  8. ^ 清水節 “未来のリハーサル ~シド・ミード×渡辺繁40年の軌跡~ 第2回 三位一体プロジェクトの作品集”. シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019 (2019年).
  9. ^ a b 株式会社バンダイビジュアル 有価証券報告書 役員の状況 (p.25)”. 株主プロ (2007年5月21日). 2019年3月5日閲覧。
  10. ^ 清水節 “未来のリハーサル ~シド・ミード×渡辺繁40年の軌跡~第3回 ミード・ガンダム誕生の舞台裏”. シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019 (2019年)。
  11. ^ 『ガイナックス・インタビューズ』、419頁。
  12. ^ 藤本賞(第30回-第21回)”. 映画演劇文化協会. 2019年3月7日閲覧。
  13. ^ NEWS 第9回アニメーション神戸で特別賞を受賞!”. STEAMBOY公式サイト (2004年10月18日). 2019年3月7日閲覧。
  14. ^ 機構改革及び人事異動に関するお知らせ(平成18年3月1日付)”. バンダイナムコグループ (2006年2月6日). 2019年3月6日閲覧。
  15. ^ a b c 『ガイナックス・インタビューズ』、449頁。
  16. ^ a b c 『ガイナックス・インタビューズ』、433頁。
  17. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第12回 援軍来たる(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  18. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第13回 大いなる船出 GAINAX誕生(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  19. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第14回 大先輩のエールを受けて(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  20. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第15回 映画興行奮闘記(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  21. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第16回 20分間の攻防(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  22. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第17回 『王立宇宙軍』離床ス(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)
  23. ^ エモーション魂 渡辺繁を支えた縁人 第19回 どん底からのリスタート(TORNADO BASE) - ウェイバックマシン(2010年2月25日アーカイブ分)

関連項目編集

外部リンク編集