渡辺裕之

日本の俳優 (1955-2022)

渡辺 裕之(わたなべ ひろゆき、1955年[2]12月9日 - 2022年5月3日[1])は、日本俳優

わたなべ ひろゆき
渡辺 裕之
本名 渡邊 裕之
生年月日 (1955-12-09) 1955年12月9日
没年月日 (2022-05-03) 2022年5月3日(66歳没)
出生地 日本の旗 日本茨城県水戸市
死没地 日本の旗 日本神奈川県[1]
身長 176 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル
活動期間 1980年 - 2022年
配偶者 原日出子1994年 - 2022年)
著名な家族
公式サイト 公式ホームページ
主な作品
テンプレートを表示

身長は176cm、体重は67kg。血液型B型

所属事務所はユニコン株式会社。業務提携、株式会社ワイケーエージェント

妻は女優の原日出子茨城県[2]水戸市出身。

来歴編集

3人兄姉の長男(弟1人、妹1人)。

拓殖大学商学部経営学科卒業。大学時代にはルフトハンザドイツ航空でアルバイトしたことでドイツ語を学んだ[3]

1980年(昭和55年)にコカ・コーラテレビコマーシャルで芸能活動を開始[4]。2年後に出演した大正製薬の「リポビタンD」CM中で使われた「ファイトー!」「イッパーツ!」のキャッチフレーズが同商品の200億本販売の原動力となり、同時に自身の端整な顔立ちと鍛え上げられた肉体も話題となり、一躍人気を博す[5]

俳優としてのデビューは、映画『オン・ザ・ロード』(主演)。白バイ警官を演じた。テレビドラマでは『愛の嵐』で二枚目俳優ぶりを発揮し、「嵐シリーズ(グランドロマン)」全3作に出演したことで知られ、特に高木美保とのコンビはゴールデンコンビと呼ばれた。

第3回Yahoo! JAPAN文学賞受賞作を映画化した短編映画雪の花』にて、原日出子と初めて夫婦役で夫婦共演を果たした。同作は2009年(平成21年)12月13日にテレビ朝日で放映された。

2017年、木村ひさし監督と江頭美智留脚本で話題となった連続ショートドラマ『あじさい』に出演。

2022年(令和4年)5月3日昼頃、自宅内で死亡していたところを家族によって発見された。66歳没。訃報は同月5日に所属事務所により公表され、死因は縊死だったと明らかになり[6][7]自殺とみられている[8]。同月10日に横浜市内の寺院で近親者による密葬が行われた。

妻の原日出子は同日、事務所ホームページで公開されたコメントで夫について「コロナの最初の自粛の頃から、人一倍家族思いで心配性な夫は、先行きの不安を口に出すようになり、考え込むことが多くなった」「『眠れない』と体調の変化を訴えるようになり自律神経失調症と診断された」ことや、死去については「心の病は夫を蝕み、大きな不安から抜け出せなくなった。医師にも相談し、希望の持てる治療を始めた矢先の、突然の出来事」であったことを明らかにしている[9]

人物編集

  • 役者のみならず、スポーツマンとしても幅広く活躍していた。
  • 任侠ものを中心としたオリジナルビデオでの活躍もあり、固定ファン層から多大な支持を得ていた。
  • 妻とのおしどり夫婦ぶりは芸能界でも屈指であった。原は子連れの再婚であったが、渡辺は実子のように育てていた。原との間に1男1女がおり、長男は俳優の渡辺貴裕、次女(長女は原の連れ子)はボーカリスト[10]で女優の渡辺磨裕美。
  • ゴルフの腕前も相当で『ゴルフの真髄 -ARTISTIC GOLF-』などに出演していた。

資格・特技編集

自身の描いたイラストがテレビ番組のタイトルに使用されるなど、芸術面での才能も豊かな渡辺はその多趣味ぶりも有名で、それに伴い数多くの資格を取得していた。

エピソード編集

  • ガメラシリーズ、ゴジラシリーズ、ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズ牙狼-GARO-シリーズといった、日本の主要特撮シリーズに多く出演したことで知られていた[2]。また、出演作品がすべて「G」に関連したものとなっていた[2]
    • ゴジラシリーズへは、1990年代頃にも出演オファーがあったが、別の仕事と重なり実現には至らなかった[2]
    • 金子修介が監督を務めた平成ガメラシリーズおよび『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』では、どちらも軍人のトップではなく一歩引いた役どころであり、渡辺はトップを支えるのが金子の自身に対するイメージなのであろうと述べている[2]
    • ウルトラマンガイア』出演中に子供の幼稚園に行くと、劇中での渡辺の地位が司令官ということで子供の友達から敬礼されたという[11]
    • 2007年、『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』に、2007年当時としてはシリーズ史上最高齢となる51歳の仮面ライダーとして登場。同作の製作発表記者会見[注釈 1]において、『仮面ライダースーパー1』の仮面ライダースーパー1こと沖一也役のオーディションで落選していたことを明らかにした[12][13][14]
  • 俳優業の他にトム・クルーズマイケル・キートンの吹替を担当したことがあるが、英語が堪能な渡辺は吹替時は耳に入る言葉と台本の差がわかりすぎてやりにくかったという。現在は吹替の仕事は行っていない。
  • 同姓同名(漢字まで一致)の縁で、作家・渡辺裕之の著書『シックスコイン』の推薦文を書いている[15]
  • 2007年1月11日の夕方、東名高速道路で人命救助を行っていたことが明らかになった。これは、下り車線の東京料金所神奈川県川崎市)付近で道路の金属製ジョイントが破損し、それに乗り上げた軽ワゴン車が横転した事故であった。帰宅途中だった渡辺が目撃して車を止めて駆け寄ったところ、男性運転手は動転し、後部座席に乗っていた男性は動けない状態だった。そこで渡辺は自分の携帯電話ですぐに110番と119番通報をして、後部座席の男性を事故車から救出、自分の車の中にあった毛布を掛け、救急車パトカーの到着後、警察官に状況説明をした。渡辺によると「もしガソリンが漏れていれば引火の可能性もあったわけで、一刻も早くということで救い出した。」とのことであった[16]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • ヤング・ジャパン 開港・風雲録(1990年、アスミック) - 主演・重伍(密偵) 役
  • 復讐の捜査線 殺意の熱い砂 シリーズ(1990年、東和)
    • 復讐の捜査線 殺意の熱い砂 推理編(1990年9月)
    • 復讐の捜査線 殺意の熱い砂 解決篇(1990年)
  • ネイビー・ロック・ウォー 撃破せよ!(1990年) - 主演・沖(海上自衛隊横須賀基地作戦本部 捜索隊) 役
  • キングの火遊び(1991年、東映ビデオ) - 主演・元刑事 役
  • 追いつめる(1992年、東映ビデオ) - 主演
  • ビッグボス BIG BOSS(1992年、東映ビデオ) - 渋田 役
  • 狼たちの賭け JACK KNIFE(1993年、原作:北方謙三、東映ビデオ) - ボブ 役
  • 極道の門 シリーズ(1994年 - 1995年、タキコーポレーション) - 主演・村田龍治 役
    • 極道の門2 二代目・流血の盃(1995年)
    • 極道の門3 最後の首領ドン(1995年)
  • 新宿アウトロー(1994年)
  • 武闘派刑事(デカ) 銀座警察(1995年)
  • 野望金融 大阪死闘篇(1995年) - 主演・野田省吾(弁護士) 役
  • 魔界転生 THE ARMAGEDDON(1996年) - 柳生十兵衛 役
  • 魔界転生 THE ARMAGEDDON(1996年4月)
  • 魔界転生 THE ARMAGEDDON 魔道変(1996年10月)
  • パチプロ浪花梁山泊1-6(1996年 - 1998年、ケイエスエス)全6作 - 主演
  • 新 第三の極道V 裏盃の逆襲(1997年) - 商社 海外室長 カドワキコウイチロウ 役
  • 幻魔殺法帖 新撰組秘抄(1997年)
  • パチンコ軍団梁山泊1・2(1999年、ケイエスエス)全2作 - 主演
  • ドリフト・ウォーズ(1999年)
  • 日本極道史 仁義絶叫 シリーズ(1999年 - 2000年、松竹) - 鳴門組若頭 藤波克己 役
  • 新・湘南爆走族 荒くれKNIGHT 3(1999年、東映ビデオ) - 井関 役
  • パチプロ覇王(2000年) - 神威竜二(パチプロ) 役
  • 雀狼伝1・2・3(2000年-2001年、GPミュージアムソフト) - 主演・安藤満 役
  • 首領の女 シリーズ(2001年、GPミュージアムソフト) - 四代目桐野組組長 桐野武弘 役
  • 首領への道 シリーズ(GPミュージアムソフト) - 関東連合会顧問 段上組組長 段上玄 役
  • 広島やくざ戦争 シリーズ(2000年、GPミュージアム)
    • 実録・広島やくざ戦争(2000年、GPミュージアム) - 岡島組幹部 服田組組長 服田武(→山城組服田組組長) 役
    • 広島やくざ戦争 完結篇(2000年、GPミュージアム) - 共雄会服田組組長 服田武(→二代目共雄会会長) 役
    • 続・広島やくざ戦争 ─勃発、第三次抗争─(2001年) - 尾道 侠義会会長 森中幸吉 役
  • 日本極道史 龍神三兄弟(2000年) - 浅野組若頭補佐 桂木辰次(→破門) 役
  • 日本極道史 龍神三兄弟2(2000年) - 浅野組組長代行 桂木辰次 役
  • 実録・大阪やくざ戦争 報復(2002年、GPミュージアムソフト)全2作 - 三代目山王会若頭補佐 権藤組組長 権藤政夫 役
  • 実録・北陸やくざ戦争(2002年) - 三代目山王会若頭補佐 権藤組組長 権藤政夫 役
  • 実録・ヤクザの戦場 侠の終章(2002年) - 池田 役
  • 実録・史上最大の抗争 義絶状(2002年8月) - 三代目山王会若頭補佐 鴨井組組長 鴨井茂雄 役
    • 実録・史上最大の抗争 義絶状2(2002年10月) - 丸和会理事長兼本部長 鴨井組組長 鴨井茂雄 役
  • 実録・青森抗争(2002年、GPミュージアムソフト) - 稲原祐治 役
  • 実録・瀬戸内やくざ戦争 伊予路水滸伝(2003年) - 二代目大日本昭和会 剛誠会本部長補佐 仲浜組組長 仲浜勝敏 役
  • 鉄(くろがね) 極道・高山登久太郎の軌跡(2004年) - 松平憲行(訟務検事) 役
  • 実録・九州やくざ抗争 誠への道(2006年) - 村富一家初代総長 村富浩一郎 役
  • 代紋を捨てた男(2015年) - 三東会兵頭組組長 役
  • 狂犬と呼ばれた男たち シリーズ(2016年)
    • 狂犬と呼ばれた男たち カリスマヤクザ(2016年) - 牧川組組長 牧川 役
    • 狂犬と呼ばれた男たち 外道ヤクザ(2016年) - 新宿のマルボウ 柴田悠平 役
    • 狂犬と呼ばれた男たち 大阪ヤクザ戦争(2017年) - 高原一家総長 役
  • 極道の掟(2016年)全2作 - 啓和会若頭 上杉組組長 上杉義男 役
  • 制覇9(2017年) - 四国 伊予組組長 坂東義将 役
  • 極道天下布武1・4・5(2017年 - 2018年) - 室八連合会幹部 細田組組長 細田藤考 役
  • 頂点(てっぺん)(2017年)全3作 - 荒駒一家総裁 役
  • 哀しき抗争(2017年) - 吉田剛(本条誠太郎の側近) 役
  • 任侠哀歌(エレジー)(2018年) - 貴龍会会長 キジマリュウジ 役
  • 大激突 果てなき抗争(2018年) - 京浜連合理事長 多田宏 役
  • 外道憤砕(2018年) - 角田(刑事) 役
  • 侠の絆(2018年) - 横浜物産社長 赤嶺貴史(裕一郎の父) 役
  • 漆黒の男たち(2018年) - 竹宮連合東條組組長 東條辰巳 役
  • CONFLICT 〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁(2019年) - 天道会本部長 兵頭組組長 兵頭護 役
  • 歌舞伎町黒社会1・2(2019年) - 若頭 カミシマ 役
  • 日本統一50-52(2022年) - 五代目杉政組組長 宮園幸喜 役

アニメ編集

吹き替え編集

テレビコマーシャル編集

ゲーム編集

スポーツ番組編集

その他編集

  • 防衛省 自衛隊員向け倫理啓発用ビデオ(2007年) - 上官 役
  • 東京マルイ 電動ガン プロモーションビデオ
  • YouTube極楽とんぼ山本圭壱 けいちょんチャンネルの(【渡辺裕之・矢作さん登場!】52歳のバースデー配信しました!)ゲストとして。
  • YouTube ゆきチャンネル【渡辺裕之】YouTuberとして。
  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION デンオウベルト MOVIE EDITION(2021年) - 牙王 役[27]

ディスコグラフィ編集

  • レコード「だいじょうぶマイ・フレンド
  • マリリン&ジョンの微笑(早瀬優香子とのデュエット)
  • 『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』オリジナルサウンドトラック(自身が歌う Double-Action GAOH form 収録)

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! DVDコレクターズパック』に特典映像として収録されている。

出典編集

  1. ^ a b “渡辺裕之さん死去、66歳 自宅トレーニング室で発見 「縊死されました」妻原日出子事務所代表”. 日刊スポーツ. (2022年5月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205050000367.html 2022年5月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f GMKコンプリーション 2022, pp. 14–15, 「渡辺裕之インタビュー」
  3. ^ 故郷を誇りに、真っ直ぐに - ウェイバックマシン(2015年12月22日アーカイブ分) - 常陽リビング 2013年10月7日
  4. ^ 渡辺裕之、行きつけのイタリアンで語る「大林宣彦監督の遺言」」『週刊FLASH 2020年6月23・30日号』2020年7月7日、2022年8月29日閲覧。
  5. ^ 「リポビタンD」大正製薬「広告タレントとして長きに渡り貢献いただき感謝」渡辺裕之さん追悼」『日刊スポーツ』、2022年5月6日。2022年5月6日閲覧。
  6. ^ “訃報 渡辺裕之” (プレスリリース), ワイケーエージェント, (2022年5月5日), https://ykagent.jp/topics/article/2022-05-05.html 2022年5月5日閲覧。 
  7. ^ 俳優・渡辺裕之さん死去 66歳【事務所報告全文】妻・原日出子は「呆然自失」」『デイリースポーツ online』、2022年5月5日。2022年5月5日閲覧。
  8. ^ 【訃報】俳優の渡辺裕之さん自宅にて死去 家族もスタッフも「驚きと悲しみに呆然」”. TBS NEWS DIG. TBS・JNN NEWS DIG合同会社 (2022年5月5日). 2022年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月27日閲覧。
  9. ^ 原日出子 夫・渡辺裕之さん急逝にコメント「治療を始めた矢先…『何故…』はきっと誰にもわからない」」『Sponichi Annex』、2022年5月10日。2022年8月29日閲覧。
  10. ^ 渡辺裕之さん急死 歌手の次女にも知らせず公演 MISIAが涙で明かす」『デイリースポーツ online』、2022年5月8日。2022年5月8日閲覧。
  11. ^ 『ウルトラマンオフィシャルマガジン』より[要ページ番号]
  12. ^ a b 渡辺裕之が最高齢仮面ライダー」『日刊スポーツ』、2007年5月18日。2016年12月23日閲覧。
  13. ^ 「日曜朝の美脚が集合、劇場版「仮面ライダー」「ゲキレンジャー」製作発表」『livedoorニュース』、2007年5月30日。2022年8月29日閲覧。
  14. ^ ヒーローたちが夏を熱くする! 映画『劇場版 仮面ライダー電王 / 獣拳戦隊ゲキレンジャー電影版』製作発表記者会見」『CINEMA TOPICS ONLINE』、2007年6月5日。オリジナルの2013年4月25日時点におけるアーカイブ。
  15. ^ 渡辺裕之. “シックスコイン”. 2022年8月29日閲覧。
  16. ^ 渡辺裕之 夫婦円満の秘訣と人命救助秘話”. フジテレビュー!!. フジテレビジョン (2020年11月11日). 2022年8月29日閲覧。
  17. ^ 北山宏光主演『ミリオンジョー』ポスタービジュアル公開 深水元基、永野、三浦誠己ら新キャストも」『リアルサウンド』株式会社blueprint、2019年9月12日。2019年10月21日閲覧。
  18. ^ テレビ熊本ドキュメンタリードラマ郷土の偉人シリーズ宇良田唯~医者としての使命に燃えて~放送決定!!”. 天草市役所 (2021年1月7日). 20201222時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
  19. ^ 「超高速!参勤交代 リターンズ」追加キャスト7名、古田新太が大岡越前に”. 映画ナタリー (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  20. ^ 家出した“イチモツ”を捕まえろ!上田慎一郎×皆川暢二「ポプラン」特報が解禁」『映画ナタリー』、2021年10月20日。2021年10月21日閲覧。
  21. ^ 川村壱馬、黒羽麻璃央、西田尚美ら『貞子DX』出演決定 特報&ティザービジュアルも」『Real Sound映画部』blueprint、2022年4月26日。2022年4月26日閲覧。
  22. ^ 「虎の流儀~旅の始まりは尾張 東海死闘編~」・「虎の流儀~激突! 燃える嵐の関門編~」”. 映画「虎の流儀」公式サイト. 2022年7月18日閲覧。
  23. ^ 映画『真龍帝外伝』”. 『龍帝外伝』OFFICIAL WEBSITE. 2022年7月20日閲覧。
  24. ^ ストレージマン”. 2022年7月18日閲覧。
  25. ^ 『ぬくもりの内側』 NUKUMORI : The Warmth Inside”. 2022年5月5日閲覧。
  26. ^ 小出恵介主演作「銀平町シネマブルース」に浅田美代子、渡辺裕之、中島歩ら出演”. 映画ナタリー (2022年11月11日). 2022年11月13日閲覧。
  27. ^ 仮面ライダー電王:CSMデンオウベルトMOVIE EDITION 電王 ウイングフォーム、ガオウ、幽汽に変身 三木眞一郎、渡辺裕之、神谷浩史のせりふも」『MANTANWEB』、2021年6月29日。2021年6月29日閲覧。
  28. ^ 渡辺裕之、30年前とほぼ体重変わらず ゴミ拾いが日課」『ORICON STYLE』、2016年7月5日。2016年7月6日閲覧。
  29. ^ 栗原類がデザイン「衝撃的」“へび”シューズ」『日刊スポーツ』、2016年11月8日。2016年11月8日閲覧。

参考文献編集

  • 『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 コンプリーション』ホビージャパン、2022年3月31日。ISBN 978-4-7986-2779-3 

外部リンク編集