メインメニューを開く

渡辺 邦彦(わたなべ くにひこ、1934年3月17日 - 2017年3月28日[1])は日本映画監督京都府京都市出身。

経歴編集

父は『明治天皇と日露大戦争』などでメガホンを執った渡邊邦男

鳥取県立境高等学校から早稲田大学第1文学部英文科に入学。1956年、卒業と同時に東宝スタジオの演出助手として入社。1971年に監督に昇進。1983年に退社。

代表作編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社・1988年12月)

外部リンク編集