メインメニューを開く

渡邉 康太郎(わたなべ こうたろう、1985年3月11日 - )は、東京都生まれのコンテクストデザイナー。Takram(タクラム)の パートナー およびディレクター

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて特別招聘教授を、J-WAVEのラジオ番組『TAKRAM RADIO』にてナビゲータを務める。

その他、Takram London Studio (Takram Ltd.) のディレクター、香港デザインセンターIDK客員講師、代官山ロータリークラブ[注釈 1]会長。

目次

来歴編集

アテネ香港、東京などで育つ。学生時代の起業、ベルギー・ブリュッセルへの国費留学を経て、慶應義塾大学環境情報学部を卒業後の2007年より創業期のTakram[注釈 2][1]に参加。最新デジタル機器のUI設計から企業のブランディングまで幅広く手がける。

「ものづくりとものがたりの両立」をテーマに、技術・芸術・文化を編み上げることを目指し[2]、生活のなかに息づく「ものがたり」を発見し、伝える手段として、サービス企画立案、企業ブランディング、UI・UXデザイン、アート作品制作などに取り組んでいる。独自のワークショップ形態や発想手法を組み合わせ、国内外の企業や大学向けの研修・講義や執筆活動も行う[3]。趣味は茶道で、茶名は仙康宗達。妻は作家の朝吹真理子

エピソード編集

  • 学生時代は文化人類学者 竹村真一の社会実験プロジェクトに参加(「100万人のキャンドルナイト」など)
  • 大学では日々図書室に通い「分類不可能な本」に惹かれ読書に勤しんだ[4]
  • 2006年、経済産業省・日欧産業協力センターによるヴルカヌス・イン・ヨーロッパ研修生として欧州滞在。フランス・イギリスでの語学研修ののち、ベルギーにて企業研修に参加
  • 2007年、創業期のTakram [注釈 3]に参加
  • 2009年、スウェーデン・ストックホルムの国際交流支援組織「IASPIS」アーティスト・イン・レジデントプログラムに参加
  • Takramメンバーの中でも英語の講義・講演が多い
  • 「Message Soap, in time」「雪の金閣」「Inscriptus」「furumai」など、Takramメンバーの中でも詩情あるデザイン活動を行なう

代表作編集

主な受賞編集

主な著作編集

共著編集

監修・解説など編集

主なインタビュー編集

  • CAREER HACK interview[17]
  • 土屋鞄製作所[18]
  • 現代建築家コンセプト・シリーズ No.18[19]
  • EDIFICE Element[20]
  • London Design Festival[21]
  • 8eightframe[22]
  • ONS MANUAL[23]

主な講演編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ A 30's Way of Life」、『VOGUE JAPAN』2015年6月号、コンデナスト・ジャパン[要ページ番号]
  2. ^ 渡邉康太郎 プロフィール&代表作品 六本木未来会議”. 東京ミッドタウンマネジメント株式会社. 2017年1月18日閲覧。
  3. ^ An Xiao Mina (2013年11月11日). “Designing for the Apocalypse 'News From Nowhere' at SAIC's Sullivan Galleries Critically Examines the Near Future - Core77”. Core77英語版. 2017年1月18日閲覧。
  4. ^ http://careerhack.en-japan.com/report/detail/746
  5. ^ furin Takram”. Takram. 2017年1月18日閲覧。
  6. ^ News from Nowhere Chicago Laboratory Takram”. Takram. 2017年1月18日閲覧。
  7. ^ Hitohi – one day Takram”. Takram. 2017年1月18日閲覧。
  8. ^ Destination video of Andaz Tokyo Takram”. Takram. 2017年1月18日閲覧。
  9. ^ Morioka Shoten Takram”. Takram. 2017年1月18日閲覧。
  10. ^ 佐藤理子 (2016年12月13日). ““一冊の本だけを売る本屋”という斬新なアイデアの源-森岡督行×渡邉康太郎(1) デザイン情報サイト[JDN]”. ジャパンデザインネット. 2017年1月18日閲覧。
  11. ^ “Message Soap, in time” Takram”. Takram. 2017年1月18日閲覧。
  12. ^ Future 50 Takram Design Engineering - Icon Magazine”. Icon英語版. 2017年1月18日閲覧。
  13. ^ Morioka Shoten Bookstore - 2016 work Red Dot Award Communication Design”. Design Zentrum Nordrhein Westfalen. 2017年1月18日閲覧。
  14. ^ takram design engineering - iF WORLD DESIGN GUIDE”. International Forum Design英語版. 2017年1月18日閲覧。
  15. ^ Morioka Shoten Bookstore takram design engineering 2016 D&AD Awards Pencil Winner Branding Schemes-Small Organisation D”. D&AD英語版. 2017年1月18日閲覧。
  16. ^ 本屋 [森岡書店] 受賞対象一覧 Good Design Award”. 日本デザイン振興会. 2017年1月18日閲覧。
  17. ^ 世界は一冊の本。読み解かれるのを待っている|Takram 渡邉康太郎 CAREER HACK”. エン・ジャパン (2016年12月19日). 2017年1月18日閲覧。
  18. ^ NEW DAYS NEW FACE 03 - 土屋鞄製造所”. 土屋鞄製造所. 2017年1月18日閲覧。
  19. ^ 10+1 web site|takram Directors' Dialogue 01:田川欣哉 × 渡邉康太郎|テンプラスワン・ウェブサイト”. LIXIL出版. 2017年1月18日閲覧。
  20. ^ Dai Takeuchi (2016年3月22日). “Element EDIFICE web magazine|エレメント エディフィス ウェブ マガジン ヴィジョナリーたちの美意識”. ベイクルーズ グループ. 2017年1月18日閲覧。
  21. ^ Takram on Otherness and Radical Innovation THE LONDON DESIGN FESTIVAL”. ロンドン・デザイン・フェスティバル英語版 (2016年9月23日). 2017年1月18日閲覧。
  22. ^ Chris Nelson (2014年8月6日). “An Interview with Kotaro Watanabe of design engineering firm Takram eightframe — Journey through another Japan”. Robotag Media K.K.. 2017年1月18日閲覧。
  23. ^ Akihiro Tajima (2016年12月26日). “まだ見ぬ世界へと導くデザイン集団・Takram - INSPIRE, ASPIRE, EXPLORE”. ONS Clothing. 2017年1月18日閲覧。
  24. ^ https://www.youtube.com/watch?v=kHhwiYmB4VA&feature=youtu.be

関連項目編集

外部リンク編集