渡部 哲哉(わたなべ てつや、 1973年4月23日 - )は、日本作曲家編曲家サクソフォン奏者。株式会社ネクサス音楽出版代表取締役常葉大学短期大学部音楽科非常勤講師[1]。一般社団法人「全日本校歌協会」理事[1]作曲集団「風の会」会員[2]。元航空自衛隊音楽隊員。

人物編集

東京都田無市(現・西東京市)生まれ。編曲を小学校1年生から、サクソフォンを高校から始めた[3]

埼玉県内の高校を卒業後に進んだ東京コンセルヴァトアール尚美(現・尚美ミュージックカレッジ専門学校)で、選考優秀賞及び総合優秀賞を受賞[2]1996年に同校を首席で卒業[2]し、航空自衛隊に入隊。浜松基地静岡県浜松市)に所在する中部航空音楽隊に配属[2]

1997年、日本吹奏楽学会主催「管楽合奏のための作編曲コンテスト」で「佳作」入選および「審査員特別賞」を受賞[2]

2002年日本吹奏楽指導者協会(JBA)下谷賞選考会で「下谷賞優秀賞」(第1位)受賞[2]。同年、防衛庁から第3級防衛功労章を授与された[2]

2004年自由演奏会作曲コンクールで「最優秀賞」(第1位)を受賞[2]

中部航空音楽隊でコンサートマスターを務めていたが、2017年3月に航空自衛隊を依願退職した[4]。同年4月、浜松市内に「ネクサス音楽出版」を設立し、代表取締役に就任した[4]

サクソフォンを小串俊寿に、室内楽を服部吉之・岩本伸一に、指揮法を林紀人に、作編曲を伊藤康英・髙橋伸哉に、吹奏楽指導を鈴木孝佳(TAD鈴木)・近藤久敦に、それぞれ師事した[4]

主な作品編集

作曲編集

  • コンサートマーチ「ジョイフル・ポケット」〜私の大事なおもちゃ箱(2002年、JBA下谷賞)
  • 吹奏楽のための舞楽「古都の彩」(2003年、JBA下谷賞佳作)
  • 行進曲「風の音に乗って」(2004年、自由演奏会作曲コンクール最優秀賞)
  • 「オマージュ」〜限りある空の時を
  • 行進曲「春色の扉」(2003年、JBA下谷賞佳作)
  • 「オマージュ」〜潤いは全てに生命を与えた
  • 落ち葉の舞う季節(木管三重奏・クラリネット八重奏・木管八重奏)
  • 「花柳の舞」〜舞妓たちの光と陰(金管八重奏・吹奏楽)
  • 懐古の時間(木管五重奏)

編曲編集

他、400余に及ぶ。

脚注編集

  1. ^ a b 渡部哲哉Twitterプロフィール”. 2021年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 渡部哲哉 (わたなべ てつや;Tetsuya Watanabe)”. ブレインミュージック. 2021年4月18日閲覧。
  3. ^ プロに訊け サクソフォーン奏者&作・編曲家 渡部哲哉氏”. 尚美ミュージックカレッジ専門学校 (2006年2月). 2015年7月5日閲覧。
  4. ^ a b c 作曲者紹介”. ネクサス音楽出版. 2017年4月18日閲覧。