メインメニューを開く

渡部 敬太郎(わたなべ けいたろう、1927年昭和2年)1月15日 - 1997年平成9年)11月26日)は、日本陸軍軍人陸上自衛官陸軍予科士官学校卒業(第60期)。第17代陸上幕僚長、第15代統合幕僚会議議長。息子は文芸評論家早稲田大学文学学術院教授の渡部直己。陸海空自衛隊を通じ初の昭和生まれの幕僚長。

渡部 敬太郎
生誕 1927年1月15日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1997-11-26) 1997年11月26日(70歳没)
日本の旗 日本 東京都 文京区
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1945 - 1945(日本陸軍)
1950 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1986(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―兵長.svg 陸軍兵長(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

目次

人物評編集

仙台陸軍幼年学校を経て陸軍予科士官学校を卒業、陸軍士官学校本科(第60期)に入校直後に終戦を迎える。1950年(昭和25年)、警察予備隊に2等警査(2等陸士)として入隊する[1]。その後、在ソビエト日本大使館防衛駐在官第2普通科連隊長、陸幕人事部長、第10師団長を歴任、陸上自衛隊の成長とともに歩んできた[1]

「ソビエト防衛駐在官を経験し、ソ連はどういう国か、共産主義とは何かがよくわかり、自由な日本を守ることの意義を肌で痛感した」という[1]。また、ソ連軍軍人から「自衛官は軍人ではない」旨の暴言を吐かれて侮辱された経験をもつ。この悔しさをバネにして職務に精励した渡部は、着実に階級を上昇させていった。

渡部は、北部方面総監在任中、総監部に各級部隊指揮官を一堂に集めて訓育を実施し、防衛駐在官としての経験から「ソ連軍人にとっての真善美とは、力のみである。侵略を阻止できるのは、北部方面隊の実力のみである。」と断言。ソ連極東軍による北海道への着上陸に備えた実戦的な演習を矢継ぎ早に企画、実施した。

1982年(昭和57年)10月、渡部は北部方面隊の実力を国民に広報することで、ソ連極東軍への抑止効果を得ることを目的として、北海道内選出の国政・地方両議員団および道民1万人を招いて実弾を用いた「火力戦闘演習」を統裁。その翌年に行われた「北斗演習」では、大演習場にアメリカ陸軍を招き、陸上幕僚長として北部方面隊を統裁した。

略歴編集

12月:2等警察士
8月2日:西部方面総監部幕僚副長
同年「北斗演習」を統裁。
11月26日:大腸がんのため、東京都文京区内の駒込病院で逝去(享年70)[3]。叙・正四位[4]

栄典編集

  •   勲二等瑞宝章 - 1997年(平成9年)4月29日

脚注編集

  1. ^ a b c 朝雲新聞(昭和58年3月17日)第6面「今週の顔」
  2. ^ 『官報』号外第84号(平成9年4月30日)
  3. ^ 朝雲新聞(平成9年12月4日)第7面
  4. ^ 『官報』本紙第2296号(平成10年1月9日)

参考文献編集

先代:
太田穰
北部方面総監
第15代:1981年 - 1983年
次代:
中村守雄