メインメニューを開く

渡部 英雄(わたなべ ひでお、1952年 - )は、日本アニメーション監督アニメーション演出家アニメーター湘南工科大学工学部講師[1]。多くのアニメーションを演出・監督したことで知られている。

目次

経歴編集

北海道札幌市出身。

東京都立東村山高等学校卒業後、日本大学藝術学部映画学科に進学。

1977年大学を卒業、撮影部カメラマンとして株式会社スタジオ珊瑚礁入社。株式会社東映動画(演出助手・制作進行)、有限会社サンルック(演出)に出向。

1980年スタジオ珊瑚礁退社。株式会社グリーンボックス(演出)を経てフリー。東映動画にて劇場長編アニメーション助監督、演出を担当。

東映動画勤務のまま1984年有限会社スタジオ夢民を設立、代表取締役社長。

1990年、社名を有限会社アートオフィス写楽に変更。1991年東映動画から株式会社竜の子プロダクションに移りアニメーター(原画)となる。

1993年アートオフィス写楽を退社し作画会社ネオックスを設立。

1997年ネオックスを退社、日本工学院八王子専門学校情報科学専門課程の専任教師となる[2][3]

1998年同校芸術専門課程にアニメーション科を設立する[4]

2003年日本大学大学院総合社会情報研究科博士前期課程に社会人入学、2006年修了し、日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程に進学、2009年単位取得退学。

2012年日本工学院八王子専門学校教師を退任、湘南工科大学工学部コンピュータ応用学科専任講師に就任する[5]日本映像学会[6]

日本アニメーション学会国際融合文化学会 会員。藝術学士。修士(文化情報)。

父は元北海道教育大学学習院女子短期大学教授で英文学者の渡部一雄。

主な作品編集

アニメ監督・演出作品編集

劇場・OVA編集

テレビシリーズ編集

アニメーター作画(原画)作品編集

制作担当 作品編集

[8][9][10]

著書編集

  1. 渡部英雄「アニメーションとは何か」『メディア・リテラシー 知とコミュニケーションの創発に向けて』芸術メディア研究会編、静岡学術出版〈新メディア新書〉、2009年。ISBN-13:978-4903859187
  2. 渡部英雄「携帯電話用マンガ創作」『クロストーク 2号』芸術メディア研究会編、タイケン株式会社、2011年。ISSN1884-0043
  3. 金子満、近藤邦雄、三上浩司、渡部英雄『映像ミザンセーヌの黄金則 ヒットする映画の作り方』株式会社ボーンデジタル、2011年。ISBN-13:978-4862461834
  4. 渡部英雄『デジタルアニメーション再考」『芸術とメディアの諸相』芸術メディア研究会編、タイケン株式会社、2013年。ISBN-13:978-4924769380

出典編集

  1. ^ 湘南工科大学大学案内2015 p.47
  2. ^ 『メディア・リテラシー 』静岡学術出版 メディア新書 P228
  3. ^ 東京工科大学第8回「ORC公開講座」のご案内 http://www.teu.ac.jp/karl/events/20178/004209.html
  4. ^ 東京国際アニメフェア2005シンポジウム http://www.t-ds.info/work/taf2005/event/symposium.html#11
  5. ^ 湘南工科大学教員情報 http://www.shonan-it.ac.jp/contents/teachers/computer/h-watanabe/index.html
  6. ^ 日本映像学会会員研究情報 http://jasias.jp/members_info/wa
  7. ^ IMDb(Internet Movie Database) http://www.imdb.com/name/nm1627438/
  8. ^ アニメ@wiki 渡部英雄 http://www7.atwiki.jp/anime_wiki/pages/10273.html
  9. ^ Allcinema Movie & DVD Database 渡部英雄 http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=260840
  10. ^ Seesaawikiアニメスタッフデータベース http://seesaawiki.jp/w/radioi_34/