メインメニューを開く
渡部董之介

渡部 董之介(わたなべ とうのすけ、慶応元年4月15日[1]1865年5月9日) - 昭和13年(1938年2月9日[2])は、日本文部官僚教育者

経歴編集

岐阜県出身。1889年(明治22年)、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業[1]。文部省試補、視学官参事官書記官、参事官・図書審査官、図書監査官・図書課長心得などを歴任した後[1]第七高等学校造士館 (旧制)に就任した[3]

その他、維新史料編纂会委員を務めた[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 人事興信録 1918.
  2. ^ a b 『官報』第3336号、昭和13年2月18日。
  3. ^ 人事興信録 1921.

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。