渡部 高史(わたべ たかし、1972年8月27日 - )は、北海道札幌市東区出身の元プロ野球選手投手[1]。左投左打[1]

渡部 高史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市東区
生年月日 (1972-08-27) 1972年8月27日(47歳)
身長
体重
178 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト6位
初出場 1991年10月8日
最終出場 1997年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

札幌市立陵北中学校を経て北海道札幌琴似工業高等学校卒業。同校から1990年度ドラフト会議にて横浜大洋ホエールズの6巡目指名を受けて入団し、プロ1年目の1991年10月8日の阪神タイガース戦で一軍初登板を果たした[2]。ストレートに威力はなかったが、落差が小さく大きく曲がる独特のカーブを武器に、球団名が「横浜ベイスターズ」に変更された1993年には中継ぎとして35試合に登板するなど大きく成長を遂げたが、翌1994年に低迷すると同年オフには水尾嘉孝堀江賢治とともに飯塚富司伊藤敦規との3対2の交換トレードオリックス・ブルーウェーブへ移籍した。

オリックス移籍1年目の1995年には復活を果たして24試合に登板し、防御率も1点台と結果を残してリーグ優勝に貢献したが、1996年以降は2年連続で勝ち星なしに終わり、1997年は10月にわずか2試合登板したのみだった[1]。同年オフには五十嵐章人との交換トレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍し[1]、ロッテでは当時不足していた左の中継ぎとして活躍を期待され[3]、横浜時代(1993年・1994年)の監督だった近藤昭仁と再会する形となったが、1998年シーズンは一軍登板がなく同年限りで現役を引退した。

引退後は運送会社に就職した[4]。2003年1月5日に発生した新日本海フェリーすいせん」漂流事故の際には妻・子供4人とともに乗船しており、下船後に『日刊スポーツ』の取材を受けた[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1991 大洋
横浜
2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.1 1 0 3 0 0 3 0 0 0 0 0.00 1.71
1993 35 3 0 0 0 1 3 1 -- .250 289 67.0 57 4 38 4 0 49 2 0 21 18 2.42 1.42
1994 24 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 97 19.1 27 3 14 0 0 14 3 0 21 18 8.38 2.12
1995 オリックス 24 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 127 31.1 26 1 16 0 0 16 2 0 8 6 1.72 1.34
1996 19 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 109 26.1 24 3 8 0 0 15 1 0 12 12 4.10 1.22
1997 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 1.1 2 1 2 0 0 2 0 0 4 4 27.00 3.00
通算:6年 106 4 0 0 0 2 5 1 -- .286 641 147.2 137 12 81 4 0 99 8 0 66 58 3.53 1.48

記録編集

背番号編集

  • 61 (1991年 - 1993年)
  • 47 (1994年)
  • 29 (1995年 - 1997年)
  • 34 (1998年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『'98プロ野球 12球団全選手百科名鑑』第22巻第4号(通算:第236号、1998年3月号)、日本スポーツ出版社、1998年3月31日、182頁。
  2. ^ a b 元オリックス投手渡部さん一家もグッタリ」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2003年1月7日。2019年12月30日閲覧。オリジナルの2003-01-08時点におけるアーカイブ。
  3. ^ 『'98プロ野球選手写真名鑑』日刊スポーツ出版社〈日刊スポーツグラフ〉、1998年4月18日、133頁。ISBN 978-4817205421
  4. ^ 1999年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑

関連項目編集

外部リンク編集