メインメニューを開く

渥美 マリ(あつみ まり、本名:渥美 まり恵[1][2]1950年11月20日 - )は、日本の元女優。「渥美マリ」「渥美まり恵」「津々見マリ」の3つの芸名を使い分けた。

目次

来歴・人物編集

東京都目黒区自由ヶ丘出身[3]。父は大映第2期ニューフェイスの渥美進[1]船越英二と同期[4]。母も大映女優の若宮れいこ[1]。弟が居る[3]

3歳から小学校6年生時まで、石井漠の下でバレエを習う。小学校6年生の時には、健康優良児として表彰されたことがあった[3]

大東学園高等学校の2年生だった1967年に、大映東京撮影所演技研究所19期生に合格(同期は八代順子など)。高校を中退し、1968年大映専属女優となった[3]。最初は両親にも映画界入りを反対された。「やるなら、新劇界で基礎から勉強させたかった」とのことだった[3]

1968年『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』の宇宙人役で、肌にピッタリ貼りつくボディスーツを着せると18歳の渥美はことのほか妖艶で、大映首脳は渥美を肉体女優として売り出す方針を打ち出した[5]南美川洋子らと「ハレンチ・グループ」の一人として売り出され[6]1969年、自身の代名詞ともなる、“軟体動物シリーズ”と呼ばれる初主演映画シリーズの第一作『いそぎんちゃく』が公開される。「大映ハレンチ五人娘」の一人として人気を得て[7]、経営的に困窮する大映の救世主になった[5]。“和製ブリジット・バルドー”と称賛されながら、元祖セクシー女優の一人として活躍を続け、妖艶な演技と魅惑的な肉体で一世を風靡した。

しかし次第に「裸はイヤ」とゴネ出し[5]、その代役が新人にまわり[5]、その一本が松坂慶子の初主演映画『夜の診察室』であった[5][8]。脱がないため仕事を干されたが[5]1971年に大映倒産後も他社から声がかかり[9]、「渥美まり恵」と改名して[9]1972年4月、松竹の『喜劇 新婚大混線』に出た[5][9]。この時、ポスター用の写真撮影でさえ「脱がされるからダメです」とスタジオに入るのを拒否[9]。初めは本数契約してもいいと言っていた松竹首脳も怒った現場の突き上げで断念した[9]。この頃から「雑談しても答えがトンチンカン」などと奇矯な行動を噂された[5]。そこをポルノを製作していた東映がお色気を期待して拾い[9]岡田茂東映社長が次代スターとして売り出していた谷隼人の相手役として[9][10][11]、『非情学園ワル』(1973年)に抜擢した[9]。この時は反省し、谷とのベッドシーンでは乳房のチラリをやった[9]。続く千葉真一主演『ボディガード牙』(1973年)では、マフィアに狙われる謎の女の役で、フロ場で逆さ吊りにされるシーンがあったが、東映宣伝部はいい宣伝になるとマスコミに声をかけ、カメラマンをたくさん集めたが、渥美が「ヒザから下と腕以外は出しません」と言い出して、マスコミはみんなシラけて帰ってしまった[9]。顰蹙を買った東映は「ヒザから下と腕だけなんて女優、いまどき、"清く正しく美しく"の東宝の女優だっていないよ。裸を抜きにした彼女に何が残るの!」と激怒し、東映とも正式契約に至らず[9]。その後も東宝が制作する不良物の映画・テレビドラマに出演するようになるが、それも1974年1月を最後に途絶えた[5]

1975年7月、「渥美まり恵」名義でレコード『愛のかわき』をリリースし、久々に芸能界に復帰したが、その後は、1976年にドラマ『江戸を斬るII』(TBS)へゲスト出演したのみで終わった。

1978年5月、大量の睡眠薬を飲んで自殺未遂を起こす[5]。報道でかつて二年渥美と交際した大映の俳優・酒井修は、「渥美は自身の代役だった松坂慶子や後輩の関根恵子が大スターになっていくのに嫉妬や焦りを感じて悩んでいた」と話した[5]

出演作品編集

映画編集

  • ガメラ対宇宙怪獣バイラス (1968年3月)
  • 怪談おとし穴 (1968年6月)
  • ある女子高校医の記録 妊娠 (1968年7月)
  • 高校生芸者 (1968年9月)
  • ある女子高校医の記録 初体験(1968年10月)
  • 続セックス・ドクターの記録 (1968年11月)
  • ある女子高校医の記録 失神 (1969年1月)
  • 昭和おんな仁義 (1969年3月)
  • ある見習看護婦の記録 赤い制服 (1969年4月)
  • ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども (1969年5月)
  • ある女子高校医の記録 続・妊娠 (1969年7月)
  • いそぎんちゃく (1969年8月) 主演第一回作品
  • ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地 (1969年10月)
  • あなた好みの (1969年11月)
  • 続・いそぎんちゃく (1970年2月)
  • でんきくらげ (1970年5月)
  • 太陽は見た(1970年5月)
  • 夜のいそぎんちゃく (1970年7月)
  • でんきくらげ 可愛い悪魔 (1970年8月)
  • しびれくらげ (1970年10月)
  • 裸でだっこ (1970年11月)
  • 可愛い悪魔 いいものあげる (1970年12月)
  • モナリザお京 (1971年6月) 最後の大映出演作
  • 喜劇 新婚大混線 (1972年4月) 「渥美まり恵」名義
  • 御用牙 (1972年12月)
  • 非情学園 ワル (1973年3月)
  • ボディガード牙 (1973年5月)
  • 非情学園ワル 教師狩り (1973年7月)

テレビドラマ編集

  • ザ・ガードマン (1971年10月22日、TBS
    • 第341話「ヌードの悪女 華やかな私生活」 - 八重山諸島の娘・ミチ役。
  • 眠狂四郎 (1972年10月3日、KTV
    • 第1話「夕焼けに肌が散る」
  • ママはライバル (1972年 - 1973年、TBS) 学校教師の吉沢昌子役
    • 番組スタート当初は「津々見マリ」の芸名で出演。途中から元の「渥美マリ」の名に戻して出演した。
  • シークレット部隊 (1972年5月19日、NET
    • 第7話「美女の足!ゆくえ不明事件」 - グラマー女優の渡海れい子役
    第17話「結婚の夜!消えた花嫁」 - ゴーゴーガールのリカ役
  • アイフル大作戦(1973年、TBS、第7話「今晩わ!悪魔のノック」に出演)
  • まごころ (1973年、TBS)
  • 出発進行! (東京12ch
    • バーを開くため、バッチリ横丁に物件を探しに来る女性の中野マキ役
  • 狼・無頼控 (1973年10月5日 - 1974年1月25日、毎日放送
    • 第1話から第17話「くノ一故郷に死す」までの出演。
    • 伊賀の里のくノ一で、六人の“狼”の一人の南美(なみ)役。
  • 江戸を斬るII (1976年1月12日、TBS、第10話「恐怖の罠」に出演)
    • 盗賊・因果小僧六之助の一味の「おさらばお艶(えん)」役
    • 「渥美まり恵」名義での出演。

バラエティ編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  • 可愛い悪魔 c/w 真夜中のテラス (1970年)
    • 日本初のヌードジャケットレコードとして話題になった。
  • 好きよ愛して c/w あなたにキッス (1970年)
  • いいものあげる c/w 女の唇 (1970年)
  • なぎさ c/w 口笛吹いて (1971年)
    • 以上、大映レコードから発売
  • 愛のかわき c/w 悲しい歌をうたわないで (1975年7月、キング「渥美まり恵」名義)

アルバム編集

  • 夜のためいき (1970年作品。2003年1月22日CDで復刻。)
  • ハワイで逢いましょう (1971年作品。2006年8月18日にCDで復刻。)

脚註編集

  1. ^ a b c 映画情報(国際情報社、1973年5月号「連載・あのひとがいま・渥美マリ」)
  2. ^ 週刊平凡 1972年10月26日号 p.144
  3. ^ a b c d e 週刊平凡 1969年5月29日号 p.130 - 133 渥美マリ特集記事
  4. ^ 船越は有望な新人であるマリに惹かれるも同期生の娘と知って興醒めしてしまう。『近代映画』近代映画社、1970年3月号、152頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 藤木TDC「昭和銀幕黄金期を彩った女優列伝 ヴィンテージ女体図鑑 渥美マリ」『映画秘宝Vol.2 悪趣味邦画劇場』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、1995年、pp.253-254。ISBN 4-89691-170-9
  6. ^ 映画情報(国際情報社、1969年10月号「表紙の人・渥美マリ」)
  7. ^ 映画情報(国際情報社、1969年6月号「お色気バツグンです・渥美マリ」)
  8. ^ 「データバンクにっぽん人 第100回 松坂慶子」、『週刊現代』1980年6月5日号、講談社、 56–57。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 「脱がない渥美マリなんてきらいッ」、『週刊読売』1973年4月21日号、読売新聞社、 33頁。
  10. ^ 「年期のはいった婚約発表 やっと実った谷隼人の愛」、『サンデー毎日』1971年6月20日号、毎日新聞社、 42頁。
  11. ^ 「映画界の動き 東映の73年度経営方針」、『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。