メインメニューを開く

渥美 昭夫(あつみ あきお、1927年 - 1995年4月25日)は、アメリカ文学者。渥美健夫は兄。

渥美育郎の子として東京に生まれる。東京大学英文科卒、ミシガン大学に留学、学習院大学教授を務めた。J・D・サリンジャーF・スコット・フィッツジェラルドなどを翻訳、研究した。

共編編集

  • サリンジャーの世界 井上謙治 荒地出版社 1969

翻訳編集

  • 東洋のある河のほとりの物語 ジョウゼフ・コンラッド 鹿島研究所出版会 1964
  • 20世紀英米小説論 伝統と夢 ウオルター・アレン 渥美桂子共訳 鹿島研究所出版会 1967
  • サリンジャー選集 第2 若者たち 短編集 第1 刈田元司共訳 荒地出版社 1968
  • サリンジャー選集 第3 倒錯の森 短編集 第2 刈田元司共訳 荒地出版社 1968
  • 絶望からの文学 ハワード・M.ハーパー 井上謙治共訳 荒地出版社 1969.7
  • 資産家 ゴールズワージー ノーベル賞文学全集6 主婦の友社 1971
  • 消えゆくアメリカ人の帰還 レスリー・A・フィードラー 酒本雅之共訳 新潮社 1972 (アメリカ文学の原型 3)
  • 結婚式のメンバー マッカラーズ 中央公論社 1972
  • 青春 ウラジーミル・ナボコフ 新潮社 1974
  • 哀しい酒場の歌・ほか マッカラーズ キリスト教文学の世界 21 主婦の友社 1977.10
  • J・D・サリンジャー 冬樹社 1977.2 (アメリカ文学作家論選書)
  • ジャズ・エイジの物語 フィッツジェラルド 井上謙治共訳 荒地出版社 1981.5
  • すべて悲しき若者たち フィッツジェラルド 井上共訳 荒地出版社 1981.7
  • 崩壊 フィッツジェラルド 共訳 荒地出版社 1981.10