温泉ソムリエ

温泉ソムリエ
英名 Onsen Sommelier
実施国 日本
資格種類 民間資格
分野 サービス
認定団体 温泉ソムリエ協会
等級・称号 温泉ソムリエ・温泉ソムリエマスター・温泉ソムリエアンバサダー
公式サイト http://onsen-s.com/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

温泉ソムリエ(おんせんそむりえ)とは、温泉ソムリエ協会(本部、新潟県妙高市)が運営する民間資格である。
2002年に新潟県妙高市、赤倉温泉遠間和広氏の発案により作られた資格。
講座内容に加え、その名前の響きや業界のネームバリューにより[要出典]、温浴業界をはじめ、医療従事者、研究機関、芸能人や一般の温泉マニアが多く所有している[1]
取得には、温泉分析書の読み方や入浴法のなどを受講する温泉ソムリエ認定セミナーに参加する必要がある[1][2]。温泉ソムリエ認定セミナーは、半日の講義を受けて取得できるタイプと、1泊2日で講義と実技を受けて取得するタイプの2種類あるが、温泉ソムリエの認定としては同じものである。
セミナーは主に東京表参道にある新潟県のアンテナショップ「新潟館ネスパス」にて開催されるが、札幌名古屋大阪福岡など地方都市や全国の温泉地での開催も随時行っている。


2007年には、スギちゃんが芸能界で初の資格取得者となった[3]
2016年には温泉ソムリエ認定者が10,000人を超え、温泉関連の資格では圧倒的な規模である。

目次

ステップアップライセンスの種別編集

温泉ソムリエ協会では温泉ソムリエ認定後、ステップアップセミナーを受講することで上級資格の認定を行っている。 また、温泉ソムリエ協会が認定する外部資格を取得することでも、温泉ソムリエマスターを申請することもできる。

星数 ライセンス名 内容・要件
★★★★★ 温泉ソムリエ家元 温泉ソムリエ協会の代表
★★★★ 温泉ソムリエ師範 温泉ソムリエ認定セミナーのすべての講座の講師ができる者。家元が講師をしなくとも温泉ソムリエ認定セミナーを主催できる者
★★★ カリスマ温泉ソムリエ 3つ星温泉ソムリエで、かつ温泉ソムリエ協会が温泉業界に大きく貢献していると認めた者
★★★ 温泉ソムリエインストラクター 温泉ソムリエ協会が講師ができると認めた者
★★ 温泉ソムリエマスター・アンバサダー 温泉ソムリエマスターと温泉ソムリエアンバサダーの両方を取得した者
温泉ソムリエアンバサダー メディア、またはメディアに匹敵する波及力のある組織等を通して、温泉ソムリエの肩書きにて温泉ソムリエ協会が提唱する「温泉の魅力」と「正しい入浴法」を継続的に広めることができる者
温泉ソムリエマスター 温泉ソムリエ協会のステップアップセミナーを受講するか、温泉ソムリエ協会以外の温泉資格を取得し、知識をより深めた者
  温泉ソムリエ 温泉ソムリエ認定セミナーを受講した者

温泉ソムリエマスターに進級できる外部資格

  • 温泉利用指導者(財団法人日本健康開発財団)
  • 温泉入浴指導員(財団法人日本健康開発財団)
  • 温泉観光実践士(温泉観光実践士協会)
  • 温泉観光士(日本温泉地域学会)

ステップアップセミナー一覧

  • 温泉ソムリエ温泉分析書マスター
  • 温泉ビューティ&ダイエットソムリエ


温泉ソムリエ認定者の主な有名人編集

出典編集

  1. ^ a b ただ入浴するだけ、はもう卒業?!旅ツウなら知っておきたい「温泉資格」”. Tabizine (2014年4月16日). 2015年11月12日閲覧。
  2. ^ 温泉ソムリエ講習会に15人 島根・温泉津温泉”. 朝日新聞デジタル (2013年9月11日). 2015年11月12日閲覧。
  3. ^ スギちゃん「カリスマ温泉ソムリエ」に!「マジでうれしいぜぇ」”. スポーツニッポン (2015年1月9日). 2015年11月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集