メインメニューを開く

港の五番町』(みなとのごばんちょう)は、1972年(昭和47年)9月に原みつるとシャネル・ファイブ、1988年(昭和63年)9月に五木ひろしがカヴァーしてリリースしたシングルである。原みつる(平田満)によるヴァージョン(以下平田版)は同バンドの3枚目のシングル、五木版は『よこはま・たそがれ』から数えて61枚目のシングルで、同年の第30回日本レコード大賞金賞を受賞した。

港の五番町
原みつるとシャネル・ファイブシングル
初出アルバム『-』
A面 港の五番町
B面 泣かない女
リリース
規格 7インチシングル
録音 1972年6月 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル キングレコード / BS-1571
作詞・作曲 阿久悠 / 彩木雅夫
原みつるとシャネル・ファイブ シングル 年表
信ずる他にない
1972年
港の五番町
1972年
ハッキリ小唄
1973年
テンプレートを表示
港の五番町
五木ひろしシングル
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル 徳間ジャパン
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 第30回日本レコード大賞・金賞
  • 五木ひろし シングル 年表
    それは…黄昏
    ふりふり
    (1986年)
    港の五番町
    (1987年)

    (1988年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    五木版は竜崎孝路が手がけており、演奏時間が前者が3分19秒[1]、後者が4分30秒と大きく異なる。

    原みつるとシャネル・ファイブにとっては、デビュー以来、藤本卓也の楽曲を歌って来たが、AB面ともに初めての阿久・彩木コンビの作品であった[1]。1972年6月に録音、同年9月にリリースされた[1]が、チャート、売上ともに数字は残していない。平田版は、2001年(平成13年)にリリースされた企画盤CD-BOX『ムードコーラス・スペシャル 秘密のカクテル』 Vol.4(東芝EMI GSD-7504)に、5枚目のシングル表題曲『くやし泣き』とともに収録された。

    1988年、16年ぶりに発掘され、スターによってカヴァーすることとなった五木版は、累計売上は約50万枚である[2]。同年12月31日に、NHKホールで行われた第39回NHK紅白歌合戦に本作で18回目の出場を果たした。

    収録曲編集

    平田版編集

    1. 港の五番町
    2. 泣かない女
      • 作詞阿久悠、作曲彩木雅夫、編曲高田弘
      • 演奏時間 : 3分2秒
      • 出版権 : ミュージックキャップトーキョー

    五木版編集

    1. 港の五番町
      • 作詞阿久悠、作曲彩木雅夫、編曲竜崎孝路
      • 演奏時間 : 4分30秒
      • 出版権 : ミュージックキャップトーキョー
    2. 死んでもいい

    編集

    1. ^ a b c 『港の五番町』、原みつるとシャネル・ファイブキングレコード、1972年9月、ジャケット裏面の記述。
    2. ^ 彩木雅夫作曲活動の主な作品ミュージックキャップ、2009年7月6日閲覧。

    関連項目編集