メインメニューを開く

港区役所駅

日本の愛知県名古屋市港区にある名古屋市交通局の駅

港区役所駅(みなとくやくしょえき)は、愛知県名古屋市港区港楽1丁目にある、名古屋市営地下鉄名港線である。駅番号はE05

港区役所駅
港区役所駅1番出入口
港区役所駅1番出入口
みなとくやくしょ
Minato Kuyakusho(Minato Ward Office)
東海通 E04 (0.8km)
(0.8km) E06 築地口
所在地 名古屋市港区港楽一丁目14-20
駅番号 E05
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 名港線
キロ程 4.6km(金山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,680人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
7,425[1]人/日
-2017年-
開業年月日 1971年昭和46年)3月29日
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1971年昭和46年)3月29日 : 名古屋市営地下鉄2号線名城線の駅として開業する。
  • 2004年平成16年)10月6日 : 4号線の名古屋大学 - 新瑞橋間開業に伴う路線名の改称により、名港線の駅となる。

駅構造編集

相対式2面2線のホームをもつ地下駅である。2011年3月27日より、駅業務は日本通運に委託されている[2]

当駅は、名城線南部駅務区金山管区駅が管轄している。

のりば編集

ホーム 路線 行先
1   名港線 名古屋港方面
2   名港線・  名城線 金山大曽根方面

利用状況編集

2017年度の一日平均乗車人員は、3,680人であった。名港線の駅では最も少ない。2018年9月のららぽーと名古屋みなとアクルス開業後は、利用者が増えている。

駅周辺の施設編集

路線バス編集

 
港区役所バス停と市営バス港営業所(当時)

名古屋市営バスが発着する。地下鉄港区役所駅よりやや北に位置している。イオンモール名古屋みなと無料バスも港図書館南の名古屋市道江川線東側にある自転車置き場付近に発着する。かつてはバス停に隣接して名古屋市営バス港営業所が存在していたため、バス停は港区役所ではなく港車庫前という名称であった。営業所が廃止されても跡地は引き続き回転場として使われており、さらに2019年2月には名古屋市営バス港明営業所として営業所が復活した。

港区役所バス停編集

北行(2番のりば東海通方面行き)
南行(1番のりば築地口方面行き)
  • [幹築地1] 野跡駅行き(稲永駅経由)
  • [高畑13] 八田駅行き(稲永駅→地下鉄高畑経由)
  • [名港13] 多加良浦行き(稲永駅経由)
  • [金山25] 金山行き(労災病院→熱田駅経由)

2018年9月26日より、南行はららぽーと名古屋みなとアクルス敷地内に設置された交通広場を発着している(北行は従来どおり)。

隣の駅編集

  名古屋市営地下鉄
  名港線
東海通駅 (E04) - 港区役所駅 (E05) - 築地口駅 (E06)

脚注編集

  1. ^ 広告メディアガイド2019 (PDF)”. 名古屋市交通局. 2019年4月6日閲覧。
  2. ^ 経営健全化計画に対する取り組み状況 (PDF) (資料3) P.18 - 名古屋市交通局(2013年2月17日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集