港駅(みなとえき)は、岐阜県岐阜市鏡島にあった、名古屋鉄道鏡島線

港駅
みなと
MINATO
鏡島
所在地 岐阜県岐阜市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 鏡島線
キロ程 - km(千手堂起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1954年(昭和29年)9月10日
廃止年月日 1964年(昭和39年)10月4日
テンプレートを表示

歴史編集

戦後の1954年(昭和29年)に鏡島線が鏡島駅から延長したのにあわせて開設された。しかし、駅が開業したころは戦前に比べて沿線の交通事情が変化、鉄道から自動車へ交通の需要が移ってしまっていた[1]。結局モータリゼーションの波に逆らえず、路線は1964年(昭和39年)に廃止、駅はたった10年で廃駅となった。

駅構造編集

単式1面1線の乗り場を持っていた。

廃止後の状況編集

  • 駅の跡地は、河渡橋の開通にともなう岐阜県道92号岐阜巣南大野線の拡張工事のため、道路の中に吸収されている。位置の目安は、岐阜バス北方河渡線、美江寺穂積線「南鏡島3丁目」バス停付近である(2007年9月30日までの名称は「鏡島(バイパス)」バス停)[3][4]

隣の駅編集

名古屋鉄道
鏡島線
鏡島駅 - 港駅 - 西鏡島駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、252頁。 
  2. ^ a b 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』郷土出版社、1997年、219-230頁。ISBN 4-87670-097-4 
  3. ^ 国土地理院地形図 5万分1図名:大垣、昭和34年資料修正・1955年(昭和35年)2月28日発行
  4. ^ 徳田耕一 『名鉄600V線の廃線を歩く-惜別の“岐阜線”と空港線誕生』JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、74頁。ISBN 978-4-53305-883-7 

参考文献編集

関連項目編集