メインメニューを開く

湊 邦三(みなと くにぞう、1898年7月27日 - 1976年12月12日)は、日本作家

広島県宮島町生まれ。東京の錦城中学校中退。報知新聞中国新聞大阪毎日新聞の記者を務め、森永製菓松坂屋の宣伝部に在籍した。1926年短編「花骨牌」を『大衆文芸』に発表し、長谷川伸らと交わるようになり、1941年海軍報道班員としてベトナム方面に従軍。

戸田城聖と親しく、戦後も創価学会に関係して日蓮の伝記小説を執筆した。

著書編集

  • 早速整爾伝 早速千代野 1932
  • 花骨牌 春陽堂書店 1935 (春陽堂文庫250)
  • 浮蓮城・霧行灯 新鋭大衆小説全集 第6巻 アトリエ社 1936
  • 慶安常夜灯 新興文芸社 1941
  • 帯刀御免 東光堂 1942 
  • 草鞋銭 駸々堂書店 1942
  • 帷子平内 長隆舎書店 1942
  • 距離零 輝文堂書房 1944
  • セレベス海軍戰記 興亞日本社 1944.6 (海軍報道班員選書)
  • 骨牌捕縄 静書房 1946
  • 国定忠治 同光社磯部書房 1951
  • 女嫌ひ平九郎 同光社磯部書房 1951
  • 潮鳴街道 同光社磯部書房 1952
  • 小説日蓮大聖人 全22巻 創価学会・聖教新聞社 1954-1976 のち聖教文庫
  • 富士大石寺 講談社 1968