メインメニューを開く

湘南鎌倉総合病院(しょうなんかまくらそうごうびょういん)は、神奈川県鎌倉市にある病院である。茅ヶ崎徳洲会総合病院の分院として設立された徳洲会グループの病院であり、須磨久善の執刀により日本で初めてバチスタ手術が行われたことでも知られる。[1]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 湘南鎌倉総合病院

湘南鎌倉総合病院外観

情報
英語名称 Shonan Kamakura General Hospital
標榜診療科 内科・心療内科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・アレルギー科・リウマチ科・小児科・外科・整形外科・形成外科・美容外科・脳神経外科・呼吸器外科・消化器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・肛門外科・産科・婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・気管食道外科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・病理診断科・腎臓内科・血液内科・糖尿病内分泌内科・救急科・美容皮膚科・血管外科・乳腺外科・腫瘍外科・脳血管内外科・腫瘍内科・人工透析内科・胸部外科・大腸外科・胃外科・内視鏡外科・内視鏡内科・漢方内科・血管内科・心臓内科・肝臓・胆のう・膵臓内科・精神科・脊椎脊髄外科
許可病床数

649床


一般病床:649床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 医療法人沖縄徳洲会
管理者 篠崎 伸明(院長)
開設年月日 1988年11月
所在地
247-8533
神奈川県鎌倉市岡本1370番1
位置 北緯35度20分44秒 東経139度30分54秒 / 北緯35.34556度 東経139.51500度 / 35.34556; 139.51500
二次医療圏 横須賀・三浦
PJ 医療機関
テンプレートを表示

2012年現在、筋萎縮性側索硬化症で闘病中の徳田虎雄理事長が、最上階の特別室に入院して治療を受けると共に、テレビモニターを通して徳洲会の運営にあたっている。

病院の病棟には医師や看護師はいるが、慢性的な医師や看護師不足の状態も起こっており、時には7対1看護体制になることもあり、問題となっている。[2]

目次

沿革編集

  • 1988年11月 - 徳洲会25番目の病院である「湘南鎌倉病院」として「鎌倉市山崎」に開院。
  • 1994年3月 - 「湘南鎌倉総合病院」に改名。
  • 1995年12月 - 「医療法人社団愛心会 湘南鎌倉総合病院」に改名。
  • 1996年12月2日 - 日本初のバチスタ手術が行われる。
  • 2010年2月 - 「医療法人 沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院」に改名。
  • 2010年9月1日 - 鎌倉市岡本に高さ65mの新病院を建設し移転。屋上にはドクターヘリも完備。
  • 2013年4月1日 - 救命救急センタ−に指定された。
 
旧館

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療)
  • 生活保護法指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • DPC対象病院
  • 救命救急センター 

関係人物編集

  • 須磨久善 - 元院長。副院長在職当時、バチスタ手術を行う。
  • 阿部知子 - 衆議院議員(立憲民主党)。非常勤医師(思春期外来)[3]
  • 南淵明宏 - 元病院医師。現東京ハートセンター医師。心臓血管外科医。

関連施設編集

  • 湘南鎌倉バースクリニック
  • 湘南かまくらクリニック

交通アクセス編集

   西口から徒歩25分。路線バス利用時はバス停(南岡本または公会堂前)より徒歩5分。

参考文献編集

  • [Three months angiographic follow-up after successful percutaneous transluminal angioplasty]. Mori T, Arisawa M, Honda S, Fukuoka M, Kurisaka M, Mori K. No Shinkei Geka. 1993 Feb;21(2):141-6. Japanese.
  • Percutaneous transluminal angioplasty for total occlusion of middle cerebral arteries. Mori T, Mori K, Fukuoka M, Honda S. Neuroradiology. 1997 Jan;39(1):71-4.
  • Follow-up study after intracranial percutaneous transluminal cerebral balloon angioplasty. Mori T, Fukuoka M, Kazita K, Mori K. AJNR Am J Neuroradiol. 1998 Sep;19(8):1525-33.
  • Successful cerebral artery stent placement for total occlusion of the vertebrobasilar artery in a patient suffering from acute stroke. Case report. Mori T, Kazita K, Seike M, Nojima Y, Mori K.
  • Successful thrombectomy in acute terminal internal carotid occlusion using a basket type microsnare in conjunction with temporary proximal occlusion: a case report. Imai K, Mori T, Izumoto H, Watanabe M. AJNR Am J Neuroradiol. 2005 Jun-Jul;26(6):1395-8.

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集