湘西トゥチャ族ミャオ族自治州

中華人民共和国の自治州

湘西トゥチャ族ミャオ族自治州(しょうせい-トゥチャぞく-ミャオぞく-じちく、中国語:湘西土家族苗族自治州)は中華人民共和国湖南省西部に位置する自治州トゥチャ族及びミャオ族の集住地であり、トゥチャ族(105万人)、ミャオ族(86万人)など少数民族が総人口の72.9%を占める。

中華人民共和国 湖南省 湘西トゥチャ族ミャオ族自治州
湘西土家族苗族自治州
鳳凰古城
鳳凰古城
略称:湘西州


湖南省中の湘西州の位置
湖南省中の湘西州の位置
中心座標 北緯28度19分 東経109度44分 / 北緯28.317度 東経109.733度 / 28.317; 109.733
簡体字 湘西土家族苗族自治州
繁体字 湘西土家族苗族自治州
拼音 Xiāngxī Tǔjiā zú Miáo zú Zìzhìzhōu
カタカナ転写 シャンシー・トウジャツー・ミャオツー・ジージージョウ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖南
行政級別 自治州
州委書記 童名謙
州長 徐克勤
面積
総面積 15,486 km²
人口
総人口(2006) 270 万人
人口密度 174 人/km²
経済
GDP(2006) 146.3 億元
一人あたりGDP 8,762元
電話番号 0743
ナンバープレート 湘U
行政区画代碼 433100
公式ウェブサイト http://www.xxz.gov.cn/

地理編集

東北は湖南省張家界市桑植県永定区、東南は省内懐化市沅陵県辰渓県麻陽ミャオ族自治県と接し、西南は貴州省銅仁地区松桃ミャオ族自治県、西は重慶市黔江開発区秀山トゥチャ族ミャオ族自治県、西北は湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州来鳳県宣恩県と接する。

気候は亜熱帯性である。長江の支流で、洞庭湖へ注ぐ沅江が流れている。

世界ジオパーク編集

武陵山脈後背地にあり、旧石器時代新石器時代のからの文化遺跡も160ヶ所を超える、自治州でも最古の居住者であるトゥチャ族及びミャオ族の文化を現在でも有している。地質的には、揚子江台地を形成した形跡や、テクトニックな地質形成の地層を持つ前縁盆地があり、カンブリア紀の記録がみられる重要地として、「湘西地質公園」は2020年にユネスコ世界ジオパークに認定された[1]紅石林徳夯大峡谷坐龍峡や多くの滝がみられる。

歴史編集

代には永順、保靖州宣慰司が設置された土司(少数民族首領)支配地域であったが、代に永順府などが置かれて直接支配地となった。中華人民共和国成立後、1952年8月1日10県を以って湘西ミャオ族自治区が成立した。首府は乾城県(現在の吉首市)。1955年4月28日湘西ミャオ族自治州と改名し、1957年9月20日湘西トゥチャ族ミャオ族自治州と改称した。

行政区画編集

1県級市・7県を管轄下に置く。

湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の地図

年表編集

湘西行政区永順専区編集

湘西ミャオ族自治区編集

湘西ミャオ族自治州編集

  • 1957年9月6日 - 吉首県・古丈県・瀘渓県・鳳凰県・花垣県・保靖県・永順県・竜山県・大庸県・桑植県が湘西トゥチャ族ミャオ族自治州に編入。

湘西トゥチャ族ミャオ族自治州編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ UNESCO (2020年7月10日). “UNESCO designates 15 new Geoparks in Asia, Europe, and Latin America” (英語). UNESCO. 2021年7月4日閲覧。

外部リンク編集