メインメニューを開く

湛水直播栽培(たんすいちょくはんさいばい)は、水田に直接種をまいていくの栽培方法で、労働集約的な移植栽培(水田に育てた苗を植える従来の方法)に比べて、省力的な直播栽培は大規模化でも一人で作業可能な栽培技術で低コスト化になる。直播栽培には播種前の入水の有無によって、湛水直播(播種前に代かき)と乾田直播(乾田状態で播種)[1][2][3]がある。 

目次

概略編集

1950年代に、催芽した稲の種子を過酸化カルシウム(商品名:カルパー粉粒剤、酸素発生剤)でコーティングする技術が開発された。その後機械化がすすみ、1980年代に湛水土中直播技術が実用化された。2004年に鉄コーティング(鉄の重みを利用した技術)直播栽培が近畿中国四国農業研究センターで開発された[4][5]。浸種した種子に鉄粉をコーティングして土壌表面に播種する方法で、苗立を不安定にさせる酸素不足・浮き苗・鳥害も防ぐことができる(浸種期間の目安は水温10~20℃で、積算水温40~60℃)。過酸化カルシウムコーティング直播栽培では落水出芽法(播種後一週間程度落水管理する)だが、鉄コーティング直播栽培でも、播種後落水管理した方が湛水管理した場合に比べ出芽率が向上し、カモによる食害も防止できる[6]。鉄コーティング用直播機は点播(てんぱ)方式が条播(じょうは)に比べて苗の生育が良い [7]

  • 水稲種子にモリブデン化合物をまぶすと、直播での苗立ちが改善されます[8][9]
  • 『代かき同時打ち込み式』多粒点播法の水稲直播機も開発されている[10][11][12][13][14][15]
  • 無コーティング種子代かき同時浅層土中播種技術も開発されている[16][17][18]

直播栽培では、雑草イネへの警戒が必要[19][20][21]

一方で、湛水直播だけに限らず、直播栽培は移植栽培に比べ食味(コメの味)は劣ると言われている。これは、直播専用肥料は移植栽培用と比べ、窒素成分が多く、また播種された種もみの近傍に施肥されるため、効率的に窒素成分を吸収できることからコメに含まれるタンパク質が増えるためと考えられている。ただし、農林水産省をはじめとする公的機関の関連サイトには食味の低下は記載されていない。しかし、多くの生産者は経験的に食味が劣ると考えている。

 
実演(新潟クボタ六日町営業所)
新潟県南魚沼市清水西谷後
標高500m(耕作放棄地再生支援:低コスト稲作
 
無コーティング代かき同時湛水直播実証試験
南魚沼市清水西谷後
小橋工業ライナーハローPLR241(2017.6.01)

沿革編集

関連書籍編集

脚注編集

  1. ^ 乾田直播栽培技術マニュアル”. 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター. 2018年11月20日閲覧。
  2. ^ 湛水直播と乾田直播って何が違うの?”. 日本穀物検定協会. 2018年11月20日閲覧。
  3. ^ 寒冷地における水稲の冬越し直播栽培の試み”. 岩手大学農学部・東北農業研究センター・北海道農業研究センター. 2018年11月20日閲覧。
  4. ^ 鉄粉被覆稲種子の製造法”. J-STAGE. 2015年4月4日閲覧。
  5. ^ 鉄粉被覆稲種子の製造法”. patentjp.com. 2015年4月4日閲覧。
  6. ^ 栽培の流れ”. 新潟クボタ. 2015年4月4日閲覧。
  7. ^ 鉄まきちゃん”. 2015年4月4日閲覧。
  8. ^ 水稲種子にモリブデン化合物をまぶすことにより直播での苗立ちが改善”. 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構. 2016年4月24日閲覧。
  9. ^ モリブデン化合物とべんがらを用いた水稲湛水直播のための種子被覆法”. 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構. 2016年4月24日閲覧。
  10. ^ 水稲直播機 マックスハロー直播機(代かき同時打込み直播)”. ササキコーポレーション. 2016-010-10閲覧。
  11. ^ 打込式代かき同時直播機”. サン機工. 2016-010-10閲覧。
  12. ^ 水稲直播・ひとめぼれ代かき同時打ち込み式多粒点播法”. 古川農業試験場. 2016-010-10閲覧。
  13. ^ 代かき同時打ち込み式点播機を用いた水稲湛水直播栽培法”. 岩手県農業研究センター. 2016-010-10閲覧。
  14. ^ 代かき同時打ち込み点播機の播種ロール改良による作業性向上結果”. 岩手県農業研究センター. 2016-010-10閲覧。
  15. ^ 代かき同時打ち込み点播機を用いた水稲湛水直播栽培法”. 岩手県農業研究センター. 2016-010-10閲覧。
  16. ^ 水稲の無コーティング種子代かき同時浅層土中播種技術”. 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構. 2017年1月3日閲覧。
  17. ^ 石井製作所、無コーティング代かき同時播種機/低コスト・高効率作業を実現”. 農機新聞 (2016年1月19日). 2017年1月3日閲覧。
  18. ^ 事業名:稲作における低コストと省力化を同時実現する”無コーティング代掻き同時播種機”の開発と販路開拓” (2015年2月27日). 2017年1月3日閲覧。
  19. ^ (研究成果) 移植水稲栽培での「雑草イネ」の発生を多数確認”. 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構. 2017年6月11日閲覧。
  20. ^ 雑草イネ-水稲作への侵入が危惧される雑草-”. 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構. 2017年6月11日閲覧。
  21. ^ 雑草イネの特徴とまん延防止”. 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構. 2017年6月11日閲覧。
  22. ^ 研究者 - researchmap”. 2015年4月8日閲覧。
  23. ^ 鉄コーティング種子を用いた水稲の湛水播種技術”. 2015年4月15日閲覧。
  24. ^ 山内稔・JA全農肥料農薬部技術主管 鉄コーで目指すのは生産者の手取り向上”. JA.com (2014年5月16日). 2015年4月8日閲覧。
  25. ^ 鉄粉で稲作革命/山内稔・農学博士に聞く”. 産業新聞. 2015年4月8日閲覧。
  26. ^ 水稲鉄コーティング湛水直播の先駆者 研究重ね礎築く新発田市内山公さん”. 農業共済新聞 (2010年3月). 2015年4月8日閲覧。
  27. ^ 水稲種子にモリブデン化合物をまぶすことにより直播での苗立ちが改善”. 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構. 2016年4月24日閲覧。
  28. ^ 日本作物学会技術賞”. 日本作物学会. 2015年4月13日閲覧。
  29. ^ 山内稔・JA全農肥料農薬部技術主管 鉄コーで目指すのは生産者の手取り向上”. JA.com. 2015年4月13日閲覧。
  30. ^ 鉄コー水稲直播技術で文科大臣賞”. JA.com. 2015年4月13日閲覧。
  31. ^ 日本初の種子コーティング用プレミックス鉄粉「粉美人®」を開発、販売開始鉄まきちゃん”. JFEスチール. 2015年4月4日閲覧。
  32. ^ 無コーティング代掻き同時播種機”. 石井製作所 (2016年12月22日). 2017年1月3日閲覧。
  33. ^ 水稲無コーテティン種子の代かき同時浅層土中播種栽培マニュアル”. 東北農業研究センター (2016年2月12日). 2017年1月3日閲覧。
  34. ^ 播種機 (JP 2016-165228 A 2016.9.15)”. Newsline Foundation (2015年3月9日). 2017年1月3日閲覧。
  35. ^ 播種機”. astamuse. 2017年1月3日閲覧。
  36. ^ 農水省・コマツなど、農機コスト削減へブルドーザー活用”. 日刊工業新聞. 2017年5月1日閲覧。
  37. ^ ブルドーザを農業現場へ導入し機械コスト1/3を実証”. 農林水産省. 2017年5月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集