本来の表記は「湯薌銘」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

湯 薌銘(とう きょうめい)は、清末から中華民国にかけての海軍軍人・政治家。兄は清末民初の政治家・湯化竜北京政府直隷派の軍人である。鋳新

湯薌銘
Tang Xiangming.jpg
プロフィール
出生: 1885年光緒11年)
死去: 1975年
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 湖北省黄州府蘄水県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 湯薌銘
簡体字 汤芗铭
拼音 Tāng Xiāngmíng
注音二式 Tāng Shiāngmíng
和名表記: とう きょうめい
発音転記: タン シアンミン
ラテン字 T'ang Shiang-ming
テンプレートを表示

事跡編集

清末から民国成立直後まで編集

 
青年期の湯。フランス海軍少尉軍服を着用している

1903年光緒29年)、挙人となる。福建船政学堂卒業後、フランスイギリスで海軍の技術を学んだ。1905年(光緒31年)、中国同盟会に加入したが、孫文の手提げかばんを盗む事件を起こしたことにより、会から除籍された。1909年宣統元年)に帰国し、鏡清艦機長、南琛軍艦副艦長、同艦長を歴任し、海軍統制薩鎮氷の参謀となった。

1912年民国元年)1月、南京に臨時政府が樹立されると、湯薌銘は海軍部次長兼北伐海軍総司令に任命され、4月、北京政府で海軍部次長に就任した。11月には海軍中将となっている。1913年(民国2年)10月、二次革命(第二革命)を支持した譚延闓の後任として、湖南都督兼民政長を署理した。1914年(民国3年)5月、湖南巡按使署理を兼任し、6月に靖武将軍の位を授与された。1915年(民国4年)12月、袁世凱の皇帝即位を支持し、一等侯に封じられた。

護国戦争後の失脚編集

まもなく護国戦争が発生して、翌年3月に袁が皇帝即位を取り消すと、湯薌銘も次第に保身を図るようになり、同年5月29日に湖南独立を宣言した。それから約1週間後の6月6日に、袁は死去した。しかし、それまでの親袁世凱の姿勢はやはり覆い隠しようがなく、湖南省内では「駆湯運動」が発生した。結局、同年7月、譚延闓とその支持部隊に、湯は湖南から駆逐されてしまった。

1917年(民国6年)1月、湯薌銘は信威将軍に任命され、直隷派に属するようになり、漢口商埠建築事宜督弁に就任した。1924年(民国13年)9月の第2次奉直戦争では、直隷派から会弁軍事執法司に任命されたが、奉天派に敗北して辞任した。中国国民党北伐に成功すると、しばらく指名手配されてしまう。

非国共路線での活動編集

1930年(民国19年)9月、閻錫山ら反蒋介石勢力が北平で中央党部拡大会議を開催すると、湯薌銘は閻から湖北安撫使に任命された。1933年(民国22年)、中国国家社会党の組織に参加し、常務理事に就任した。日中戦争勃発後、一時は汪兆銘(汪精衛)が組織した華北政務委員会に加わったが、後に重慶へ赴き、蒋介石を支持した。

1946年(民国35年)4月、湯薌銘は国民政府軍事参議院参議に就任した。8月、中国民主社会党(国家社会党と民主憲政党の合併)の中央組織委員会常務委員兼組織部長となる。翌年7月、民主社会党中央常務委員に選ばれた。

国共内戦後は大陸に留まり、晩年は仏学研究に従事した。1975年北京にて死去。享年91。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 高原「譚延闓」『民国高級将領列伝 7』解放軍出版社、1999年。ISBN 7-5065-2292-6
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
譚延闓
湖南都督(署理)
1913年10月 - 1914年6月
次代:
(将軍に改称)
先代:
(都督から改称)
湖南将軍
1914年6月 - 1916年7月
次代:
陳宧(湖南督軍)