メインメニューを開く
本来の表記は「湯上谷竑志」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

湯上谷 竑志(ゆがみだに ひろし、本名:湯上谷 宏[1](読み同じ)、1966年5月3日[1] - )は、富山県出身の元プロ野球選手内野手外野手[1]。愛称はガメガメやん

湯上谷 竑志 (湯上谷 宏)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県黒部市
生年月日 (1966-05-03) 1966年5月3日(53歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手外野手
プロ入り 1984年 ドラフト2位
初出場 1985年8月21日
最終出場 2000年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ソフトバンクホークス (2005 - 2007, 2009 - 2011)

目次

来歴・人物編集

星稜高校では甲子園に4回出場。1年生の1982年第64回全国選手権は控え選手、2回戦(初戦)で早稲田実荒木大輔に抑えられ大敗[2]。2年生から遊撃手のレギュラーとなる。1983年第55回選抜では、1回戦で井上真二らのいた熊本工を降すが、2回戦で横浜商三浦将明に完封を喫する[3]。翌1984年第56回選抜も1回戦で佐世保実のエース吉田直喜に完封負け[3]。同年第66回全国選手権でも1回戦で別府商に9回サヨナラ負け[2]。1年下のチームメートに三塁手鈴木望がいた。

1984年ドラフト2位で南海ホークスに入団[1]背番号は入団時14、1988年は7、1989年以降は6。俊足を生かした広い守備範囲が特徴で、内外野どのポジションでもこなせるユーティリティプレイヤーだった(二塁668試合、遊撃258試合、三塁233試合、一塁5試合、外野54試合[4])。入団後数年はスイッチヒッターだった。1987年オフには南海球団は「来季から湯上谷、立浪のフレッシュ二遊間で売り出す」と球団を挙げて公言するなど、当時PL学園高校の主将であった立浪和義の獲得と湯上谷・立浪の若手コンビによる二遊間形成を目論んだが、結局立浪は同年のドラフト中日ドラゴンズにさらわれた形となり、この構想は幻に終わった[5]。1989年は前年秋季キャンプ中の右脛骨の骨折、その手術・リハビリが長引き一軍不出場に終わったが、復帰した1990年からは3年連続で全試合出場を果たす。1994年から登録名を「湯上谷 竑志」としている。2000年現役引退

1990年頃から藤本博史小川史森脇浩司との4人(4人とも名前読みが『ひろし』)で内野を守ることがたびたびあった。

引退を決めたのは日本シリーズの後である。日本シリーズ第5戦で怪我をした小久保裕紀に代わり第6戦でサードを守っていたが、巨人の清原和博が打ったサードゴロを一塁手の遥か上にいく悪送球をしたことから、自分のプレーができなくなったと引退会見で理由を語った。

現役引退後はフロント入りし、営業を担当。一時福岡ドーム企画営業部に出向し、「元ダイエー・湯上谷がプランニングした観戦ツアー」なるパッケージツアーが企画・販売されたこともあった。2005年から2007年までソフトバンク育成担当コーチ。

2008年は再びフロントに戻り、野球振興部課長代理を経て、企画室ディレクターを務めた。2009年からはソフトバンク一軍内野守備走塁コーチ補佐に就任し、2010年は一軍内野守備走塁コーチ、2011年は二軍内野守備走塁コーチを務めた。2012年からは西戸崎合宿所の寮長を務める。2013年11月7日退団[6]

退団後の2014年にはアメリカサンディエゴへ語学留学することが報じられた。

2019年には福岡のローカル番組に出演しセラピストと告白していた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1985 南海
ダイエー
37 141 122 18 32 8 1 1 45 7 6 3 8 1 7 0 3 22 1 .262 .316 .369 .685
1986 60 79 73 9 12 2 0 0 14 2 10 4 2 0 3 0 1 16 0 .164 .208 .192 .400
1987 99 340 291 30 69 6 3 5 96 25 14 5 29 0 19 0 1 53 5 .237 .286 .330 .616
1988 109 459 401 64 114 16 5 9 167 48 16 5 18 6 31 0 3 50 6 .284 .336 .416 .752
1990 130 518 453 70 120 17 2 5 156 27 13 1 15 2 46 1 2 48 9 .265 .334 .344 .678
1991 130 495 425 55 109 17 7 6 158 30 30 5 25 3 40 0 2 52 5 .256 .321 .372 .693
1992 130 410 367 47 105 11 2 6 138 40 15 2 13 4 25 0 1 67 3 .286 .330 .376 .706
1993 117 329 291 25 59 11 3 1 79 22 10 2 7 4 26 0 1 47 5 .203 .267 .271 .539
1994 42 45 41 10 6 1 1 0 9 0 0 0 1 0 3 0 0 10 0 .146 .205 .220 .424
1995 86 217 196 31 49 4 1 1 58 9 14 6 8 0 12 1 0 42 1 .250 .293 .296 .589
1996 86 220 200 31 54 8 1 2 70 20 8 3 3 2 13 0 2 47 4 .270 .318 .350 .668
1997 101 327 296 41 89 10 2 5 118 28 2 1 6 3 18 0 4 52 4 .301 .346 .399 .744
1998 53 110 99 11 28 4 1 1 37 6 0 4 7 0 4 0 0 15 2 .283 .311 .374 .684
1999 20 29 24 2 3 0 0 0 3 1 0 0 2 0 3 0 0 4 0 .125 .222 .125 .347
2000 42 45 38 6 6 2 0 0 8 4 3 0 3 0 4 0 0 7 1 .158 .238 .211 .449
通算:15年 1242 3764 3317 450 855 117 29 42 1156 269 141 41 147 25 254 2 20 532 46 .258 .312 .349 .661
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 14 (1985年 - 1987年)
  • 7 (1988年)
  • 6 (1989年 - 2000年)
  • 91 (2005年)
  • 97 (2006年 - 2007年)
  • 84 (2009年 - 2011年)

登録名編集

  • 湯上谷 宏(ゆがみだに ひろし、1985年 - 1993年)
  • 湯上谷 竑志(ゆがみだに ひろし、1994年 - 2000年)

出演編集

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P126。
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ 湯上谷宏
  5. ^ 『負けん気』立浪和義、文芸社、14‐18頁(2010年2月、ISBN 978-4286088532/増補版、文芸社文庫、2014年2月、ISBN 978-4286148939
  6. ^ 退団について福岡ソフトバンクホークス公式サイト2013年11月7日配信

関連項目編集

外部リンク編集