メインメニューを開く

湯原 かの子(ゆはら かのこ、1948年 - )は、フランス文学者、伝記作家。

1971年上智大学文学部フランス文学科卒業後、上智大学大学院及び九州大学大学院を経て、1984年にパリ第4大学(ソルボンヌ校)第三課程博士号、1999年に同大学新制度博士号を取得。1987年活水女子短期大学専任講師、1989年助教授、1994年活水女子大学助教授、1998年淑徳大学教授。2007年、同大学退職。

著書編集

翻訳編集

  • R.フレティニ、A.ヴィレル『夢療法入門 心理療法におけるメンタル・イメージ』渡辺寛美共訳 金剛出版 1986
  • レーヌ=マリー・パリス、エレーヌ・ピネ『カミーユ・クローデル 天才は鏡のごとく』(監修)南條郁子訳 創元社「知の再発見」双書 2005
  • テレーズ・ムールヴァ『その女の名はロジィ ポール・クローデルの情熱と受苦』原書房 2011
  • クレール・ド・デュラス夫人『ウーリカ ある黒人娘の恋』水声社 2014
  • カトリーヌ・ガルシア『レメディオス・バロ 絵画のエクリチュール・フェミニン』水声社 2014
  • デルフィーヌ・ド・ヴィガン『デルフィーヌの友情』フィクションの楽しみ・水声社 2017

参考編集