メインメニューを開く

湯布院インターチェンジ

日本の大分県由布市にある大分自動車道のインターチェンジ

湯布院インターチェンジ(ゆふいんインターチェンジ)は、大分県由布市湯布院町川北にある大分自動車道インターチェンジである。

湯布院インターチェンジ
大分自動車道 湯布院インターチェンジ(大分県由布市)
大分自動車道 湯布院インターチェンジ(大分県由布市)
所属路線 E34 大分自動車道
IC番号 9
料金所番号 01-863
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0210.svg 湯布院 庄内 挟間
起点からの距離 88.0 km(鳥栖JCT起点)
水分PA (8.2 km)
(9.0 km) 由布岳PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0210.svg 国道210号
供用開始日 1989年平成元年)7月20日
通行台数 4,821台/日(2010年度)
所在地 879-5114
大分県由布市湯布院町川北字大久保1563番地34
テンプレートを表示
安全通路設置前(2006年)

バス停留所を併設しており、国道210号を挟んで道の駅ゆふいんがある。

歴史編集

接続する道路編集

直接接続編集

間接接続編集

料金所編集

  • ブース数:5

入口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般:2

冬用タイヤ規制・霧通行止め時の確認編集

大分自動車道での冬用タイヤ規制および霧通行止め時では入り口付近で「行き先確認」および「スタッドレスタイヤ装着確認」を行うことが多い。

また、なお、湯布院IC - 由布岳PA/SIC間は、ETC搭載車で長さ12 m以下の車両のみ、霧通行止め中でもETC車のみ走行することができる。そのため、霧通行止め時に由布岳SICに向かう場合は係員に「由布岳スマートIC」に向かうことを伝え、ETCを搭載していることが確認できれば日出JCT方面への流入ランプに誘導される。

同様の確認は出口料金所前においても、下り線走行中の車両で由布岳SICに向かう場合の確認が実施される(そのため、車両は一度全車両流出を行う)。

湯布院バスストップ編集

湯布院バスストップ(ゆふいんバスストップ)は、湯布院インターチェンジに併設されたバス停留所である。バス事業者間では、湯布院インター(ゆふいんインター)という名称が使われており、一般的にはこの通称名で呼ばれている。福岡と由布院駅を結ぶ「ゆふいん号」は湯布院インターには停車せず隣接する道の駅ゆふいんに停車する。

停車する系統および隣接停留所編集

路線愛称 運行会社 下り線側(大分)方面 上り線側(鳥栖)方面
サンライト号 長崎県交通局
長崎自動車
大分交通
大分バス
別府鉄輪北浜
大分トキハ前・大分新川
杷木
長崎(昭和町・長崎駅前)

のりかえ編集

周辺編集

編集

E34 大分自動車道
(8) 九重IC/BS - 水分PA - (9) 湯布院IC/BS - 由布岳SIC/PA/BS - (10) 日出JCT

関連項目編集

外部リンク編集