湯村光

日本の彫刻家

湯村 光(ゆむら ひかる、1948年 - )は、日本彫刻家

湯村光
生誕1948年
日本の旗 日本 鳥取県
教育フランス国立パリ美術学校
出身校東京芸術大学
著名な実績彫刻
受賞安田火災美術財団奨励賞展彫刻部門優秀賞
1986年
長野県長野市県立長野図書館前に設置された湯村光作品『STONE WORK―双』(右)

来歴編集

1948年昭和23年)、鳥取県に生まれる。1971年(昭和46年)に東京芸術大学彫刻科を卒業。フランスに渡り、1972年(昭和47年)までの間、同国の国立パリ美術学校に留学する。その後、個展・美術展に自作品を出展し、1986年(昭和61年)には安田火災(現・損保ジャパン)美術財団奨励賞展の彫刻部門で優秀賞を受賞した[1]

作風編集

主として黒色御影石を用いた彫刻作品を製作している。自然石との対話を重視し、鑑賞者に静かな印象を抱かせる作風である。研磨した滑らかな面と、凹凸を残した破断面とが一つの作品に共存しており、それらの対比も特徴的である[1]

主な作品編集

特記なき場合、DOKA Contemporary Arts公式ウェブサイトによる[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 五十嵐卓. “湯村光展 -コラージュ-”. DOKA Contemporary Arts. 2018年1月16日閲覧。
  2. ^ a b 湯村光 -彫刻家-”. DOKA Contemporary Arts. 2018年1月16日閲覧。
  3. ^ 緑の彫刻プロムナード作品 1”. 倉吉博物館. 2018年1月27日閲覧。
  4. ^ 緑の彫刻プロムナード作品 2”. 倉吉博物館. 2018年1月27日閲覧。
  5. ^ 長野市の野外彫刻 STONE WORK―双”. 長野市 (2011年10月1日). 2018年1月16日閲覧。
  6. ^ 彫刻とうべ 彫刻ライブラリ STONE WORK-地標”. 宇部市 (2015年8月12日). 2018年1月16日閲覧。
  7. ^ 彫刻美術館 第24回中原悌二郎賞優秀賞 起源”. 旭川市 (2016年2月24日). 2018年1月16日閲覧。
  8. ^ 洞爺湖ぐるっと彫刻公園”. 洞爺湖芸術館. 2018年1月16日閲覧。
  9. ^ 洞爺湖観光 とうや湖ぐるっと彫刻公園”. 洞爺湖町. 2018年1月16日閲覧。
  10. ^ 湯村 光”. 行動美術協会. 2018年1月16日閲覧。
  11. ^ 湯村光 黒い柱”. ファーレ立川アート. 2018年1月16日閲覧。
  12. ^ 彫刻ロード 野外にある主な彫刻作品”. 米子市 (2017年12月28日). 2018年1月16日閲覧。
  13. ^ 牟礼町・庵治町あれこれ 石の彫刻作品を巡る”. 牟礼庵治商工会. 2018年1月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • DOKA Contemporary Arts 湯村光 -彫刻家-
  • 武田厚「彫刻家の現場(アトリエ)から 80 湯村光 割れ行く石との対話:湯村光の絶妙美観」『美術の窓』第31巻第1号、生活の友社、2012年、 104 - 107頁、 NAID 40019135377