メインメニューを開く

湯村温泉 (兵庫県)

日本の兵庫県美方郡新温泉町大字湯にある温泉。

湯村温泉(ゆむらおんせん)は、兵庫県美方郡新温泉町大字湯(旧温泉町、旧国但馬国)にある温泉

Hot springs 001.svg 湯村温泉
Yumura onsen11s1920.jpg
山峡にある温泉郷
温泉情報
所在地 兵庫県美方郡新温泉町大字湯
座標 北緯35度33分17.79秒 東経134度29分17.16秒 / 北緯35.5549417度 東経134.4881000度 / 35.5549417; 134.4881000座標: 北緯35度33分17.79秒 東経134度29分17.16秒 / 北緯35.5549417度 東経134.4881000度 / 35.5549417; 134.4881000
交通 アクセスの項を参照
泉質 炭酸水素塩泉
泉温(摂氏 98 °C
湧出量 毎分470リットル
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 24
外部リンク 湯村温泉観光協会
テンプレートを表示

平安時代848年)開湯という歴史ある山陰の山峡にある閑静な湯治湯。「湯けむりの郷」と称し、また1981年NHKドラマ「夢千代日記」(吉永小百合主演)のロケ地としてその風情が全国に知られるようになり、以来「夢千代の里」とも称する[1]

泉質編集

  • 荒湯の泉質
  • 総源泉数60、総湧出量毎分2,300リットル。余った分は川へも流れるので、冬には川から湯煙が立つこともある。美人の湯として名高い(メタケイ酸192.5ミリグラム)。

温泉街編集

 
荒湯
 
薬師湯
 
春来川とふれ愛の湯
 
春来川と温泉街
 
春来川畔、ライトアップ湯村
  • 荒湯という高温の噴出泉が中心部にあり、春来川を中心に温泉街となっている[1]
  • ホテル旅館は24軒程度であるが、2軒が定員500名クラスの大型ホテルなので、大きな温泉街の部類に入る。2018年時点では20軒程度で500人収容は1軒のみ[2]。1981年にテレビドラマ「夢千代日記」が放映された直後から宿泊客数が増加し、ピーク時には30数万人の来客があったが、景気低迷などの影響を受けて次第に減少し、2007年度には20万人を割り込んだものの、2011年に破綻した三好屋グランドホテル(江戸末期創業、250人収容)を京都の湯快リゾートが買取り、2012年の宿泊客数は前年同期の約130%増の約14万人となり、増加傾向となった[3][4]
  • 旧町名が温泉町、字名が「湯」であるほど温泉への依存度は強い。温泉病院という名称の病院や、町立温泉小学校と言う学校もある。
  • 荒湯はゆで卵や野菜などを茹でたりできる98 ℃の熱泉で、周辺の側溝からは湯気が出ており、特には川床からも湯煙があがり温泉情緒を醸し出している[1]
  • NHKドラマ『夢千代日記』の夢千代の銅像が吉永小百合をイメージして荒湯の向かいに建立されている[1]

施設・旧所名跡編集

イベント編集

 
恵比寿天「金運の湯」(森林露天風呂「伏龍の湯」)
  • 湯村の火祭り - 新温泉町指定無形民俗文化財。江戸時代からの祭りで、毎年8月に春来川で開催。
  • 全日本かくれんぼ大会
  • ライトアップ湯村
    照明デザイナーの石井幹子によるライトアップ芸術。温泉街の中心を流れる春来川と荒湯の周辺を毎日日没から22時まで実施される。
  • 七福神湯めぐり
    「湯めぐり札」を購入することで、指定の内湯や外湯に入ることができるというもの。七福神各々の像が湯ごとに用意されている。
    対象の施設:毘沙門天「勝利の湯」 - 福禄寿「幸福の湯」(展望露天風呂「天神の湯」) - 弁財天「美人の湯」 - 大黒天「結びの湯」(庭園風大露天風呂「織姫」「彦星」) - 恵比寿天「金運の湯」(森林露天風呂「伏龍の湯」) - 寿老人「長寿の湯」(「長寿大岩風呂」「展望桧風呂」) - 布袋尊者「和合の湯」(露天風呂「やまの湯」「かわの湯」)

芭蕉句碑編集

松尾芭蕉の「今日ばかり 人も年よれ 初しぐれ」という句碑1832年(天保3年)、薬師堂境内に森田因山によって建立されている。長年の風雪で文字が読み取りにくくなっている[1]

周辺編集

歴史編集

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集