メインメニューを開く

満月 MR.MOONLIGHT』(まんげつ ミスタームーンライト)は、1991年に公開された原田知世主演の日本映画原田康子の小説『満月』の映画化作品。

満月 MR.MOONLIGHT
監督 大森一樹
脚本 大森一樹
原作 原田康子
製作 奥山和由
音楽 笹路正徳
佐々木麻美子
撮影 水野尾信正
編集 石島一秀
配給 東映
公開 1991年9月21日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億円[1]
テンプレートを表示

概要編集

江戸時代から現代へタイムスリップしてきた武士と、彼に恋する高校女教師との冒険を描くファンタジー。監督の大森一樹は本作が初の本格ファンタジー作品となる[2]

黒澤映画を思わせる冒頭の立ち回り、『時をかける少女』を彷彿とさせる原田知世が演じるヒロイン、『ピーター・パン』や『E.T.』をイメージしたといわれる満月をバックにしたクライマックスシーンなど、映画好きの大森によるオマージュが随所に散りばめられている[2]

ストーリー編集

北海道の高校教師、野平まりは、恋人から突然プロポーズされる。一方的に話を進めようとする恋人に腹を立て、まりはその場を立ち去ってしまう。気持ちを鎮める為、愛犬を連れて豊平川河川敷に散歩に出掛けている最中、武士の格好をした男に出会う。杉坂小弥太重則と名乗り、津軽藩だと言い張るその男に驚き、まりは気を失ってしまう。

翌朝彼は、シャクシャインの戦いによってアイヌに追われてしまい、故郷へ帰りたい気持ち一心で、満月の夜、老婆に1年間だけ帰れるまじないをかけてもらうが、誤ってこの時代にたどり着いてしまった事をまりに話す。

初めはまともに取り合わなかったまりであったが、次第に小弥太の立場を理解するようになり、小弥太に対して恋心を抱くようになる。また小弥太もまりを愛するようになるが、妻子持ちの彼はその愛に悩み始めるのだった。そんなある日、小弥太の正体に不審を抱いたまりの兄、直樹が彼を利用しようとした事から、二人はマスコミに追い回されるはめになってしまい、まりと小弥太はほとぼりが冷めるまで別々に暮らすことを決意する。

そして、半年が過ぎ、ほとぼりが冷めた時二人は再会を果たす。二人の思いは益々つのり、愛の炎が燃え上がるが、小弥太が江戸時代に帰らなくてはならない満月の日は刻々と近づいていた。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本映画フリーブッキング作品配給収入」『キネマ旬報1992年平成4年)2月下旬号、キネマ旬報社、1992年、 143頁。
  2. ^ a b 石井博士ほか『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、348頁。ISBN 4766927060

外部リンク編集