メインメニューを開く

満開!ピープルテレビ』(まんかい ピープルテレビ)は、1987年10月13日から同年12月22日までテレビ朝日系列局(一部を除く)で放送されていたバラエティ番組である。朝日放送吉本興業の共同製作。放送時間は毎週火曜 21:00 - 21:54 (日本標準時)。

概要編集

当初は3部構成の番組で、桂三枝(後の六代桂文枝)の担当コーナー、横山やすしの担当コーナー、西川きよしの担当コーナーの3つに分かれていたが、後に三枝の担当コーナーとやすし・きよしの担当コーナーによる2部構成になった。

放送初回には、記念企画としてやすし・きよしの漫才と三枝の創作落語のステージを放送。当時朝日放送本社内にあったABCホールでの公開収録で、野沢直子西川弘志が司会を務めていた。

コーナー編集

三枝の嫁入り前はワシの物
結婚前の女性とその父親を対象にしたクイズ・ゲームコーナーで、毎回3組の父娘が出場。桂三枝と野沢直子が司会を務めていた。また、福井敏雄が出場者の紹介ナレーションを担当していた。
最終ゲームのパターゴルフで勝利した出場者にはハワイ旅行をプレゼントしていた。ハワイ旅行決定時のファンファーレは、同じく朝日放送製作の『ABOBAゲーム』で優勝決定時に使われていたものだった。
やっさんの愛の子供劇場
横山やすしが子供たちに絵本を読み聞かせる朗読コーナー。子供たちへの読み聞かせはできたものの、エンディングで子供たちが騒ぎ出すなどのハプニングも多かった。
後に「恋の人間ルーレット」のコーナーへ統合されたために廃止。
きよしの恋の人間ルーレット
西川きよし・弘志親子が司会を務めていた恋愛バラエティコーナーで、毎回男性2人と女性7人が出場していた。
カゴ型ボールの男性が入り[要説明]、止まった数字の前の女性に告白。そして成立か不成立かを決めるスイッチを押し、成功すればカップル成立とされた。不成立の場合には罰ゲームとしてカゴ型ボールに入れられ、晒し者としてスタジオの外で公開された。告白成功時のデートの行き先を決めるパネルは3つあり、そのうちの1つには「たこ焼き屋の屋台でデート」が用意されているのが恒例だった。
後に「やすし・きよしの恋の人間ルーレット」と題してリニューアルし、やすしも司会に加わった。出場者も男性3人と女性5人になり、予選で勝てばルーレットに挑戦できるルールに変更された。また、やすしに似たチンピラ風の人形が設定され、人形にルーレットが止まると即失格となり、罰ゲームで晒し者になるルールも追加された。
テレビ朝日系列 火曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
新伍のわがまま大好き
(1987年4月7日 - 1987年9月22日)
満開!ピープルテレビ
(1987年10月13日 - 1987年12月22日)
旅はデリシャス
(1988年1月12日 - 1988年3月22日)