源信宗
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 不明
死没 延久6年6月30日1074年7月26日
別名 院中将(号)
官位 正四位下備中守
主君 後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
氏族 三条源氏
父母 父:敦明親王
母:源政隆娘・瑠璃女御
兄弟 行観、敦貞親王、栄子内親王、
儇子内親王敦元親王基平
敦賢親王、敦昌親王、嘉子内親王
信子女王、信宗斉子女王
能登守憲清娘
行信、定信、信忠、信慶、宗厳
テンプレートを表示

源 信宗(みなもと の のぶむね)は、平安時代中期から後期にかけての貴族歌人三条源氏敦明親王(小一条院)の子。官位正四位下備中守院中将と号した。

経歴編集

臣籍降下して源朝臣を賜り侍従に任ぜられる。後朱雀朝長久元年(1040年)に左近衛少将に任ぜられ、翌長久2年(1041年)には昇殿を聴された。その後、長久4年(1043年)右近衛中将、永承5年(1050年)頃に左近衛権中将に任ぜられるなど、後三条朝初頭の治暦4年(1068年)頃まで約30年近くに亘って近衛次将を務めた。

その後、民部大輔備中守を歴任し、位階正四位下に至る。白河朝初頭の延久6年(1074年)6月30日卒去

人物編集

勅撰歌人として、『後拾遺和歌集』『金葉和歌集』に和歌作品1首ずつが採録されている[1]

官歴編集

系譜編集

  • 父:敦明親王
  • 母:瑠璃女御 - 源政隆の娘
  • 妻:能登守憲清の娘(姓不明)
    • 男子:源行信
  • 生母不明の子女
    • 男子:源定信
    • 男子:源信忠
    • 男子:源信慶
    • 男子:宗厳(1056-1119)

脚注編集

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ a b c d 『近衛府補任』
  3. ^ 『春記』
  4. ^ 『扶桑略記』
  5. ^ a b 尊卑分脈
  6. ^ 『勅撰作者部類』では永長2年(1097年)8月30日没とする。

参考文献編集