源定有

平安時代前期の貴族。正四位下・大蔵卿、信濃権守。子に源雅固(従五位下内匠頭)-源実時(勘解由次官、子に源惟信(雅信)、源能信、景日(僧))、源雅胤(従五位下、摂津守)

源 定有(みなもと の さだあり、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族文徳天皇皇子官位正四位下大蔵卿

経歴編集

一世源氏の蔭位により无位から従四位上に直叙された後、陽成朝から光孝朝にかけて大蔵卿を務め、光孝朝の仁和2年(886年正四位下に至る。光孝朝末には信濃権守も兼帯した。

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

参考文献編集