源師頼

平安時代後期の公卿・歌人。源俊房の嫡男。正二位・大納言。子に源師綱(従五位下、三河権守、鈴鹿権守)、証禅(阿闍梨、已講)
 
源 師頼
Minamoto no Moroyori.jpg
源師頼/菊池容斎画『前賢故実』より
時代 平安時代後期
生誕 治暦4年(1068年
死没 保延5年12月4日1139年12月26日
別名 小野宮大納言
官位 正二位大納言
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 村上源氏
父母 父:源俊房、母:源実基の娘
養父:橘俊綱
兄弟 勝覚、証観、方子師頼師時師俊、忠時、実運、俊円、師重、宗光、実縁、仁寛、俊顕、俊智、寛雲、寛真、寛壱、藤原宗俊室、任子、源師能室
養兄弟:俊覚藤原家光橘兼長
藤壺女御、源師忠正室、俊頼
藤原通宗の娘、藤原忠俊の娘、藤原能実の娘、藤原令明の娘
師能師教師光、証遍、師綱、証禅、藤原重通室、藤原光隆室、源基平
テンプレートを表示

源 師頼(みなもと の もろより)は、平安時代後期の公卿歌人村上源氏左大臣源俊房の嫡男。修理大夫橘俊綱の養子[1]官位正二位大納言小野宮大納言と号す。

経歴編集

白河朝にて従五位下叙爵後、永保4年(1084年弾正少弼任官する。

応徳3年(1086年左近衛少将に遷ると、応徳4年(1087年)従五位上次いで正五位下寛治2年(1088年従四位下次いで従四位上、寛治3年(1089年正四位下と順調に位階を進める。しかし、従四位下昇進時に近衛少将を解かれ、1年ほど備中権介のみを帯びていた。寛治3年(1089年)右中弁に任ぜられると一転して弁官を務め、寛治8年(1094年蔵人頭兼左中弁を経て、承徳2年(1098年)正月に参議に任ぜられ公卿に列するが、左右大弁に藤原季仲源基綱がいたために大弁の昇任はならずに弁官を去り、12月になってから右兵衛督を兼帯している。

康和元年(1099年従三位、康和3年(1101年正三位と昇進するが、嘉承元年の年末(1107年1月)にかつて弁官の同僚で師頼より後に参議になった藤原宗忠・源基綱が先に権中納言に昇任された[2]ことをきっかけに、師頼は出仕を取りやめてしまう[3]。加えて、天仁元年(1108年)には3年間出仕しなかったことにより殿上籍を削られたが、このことによりかえって師頼は隠遁の意思を強くしてしまい、約20年に亘って出仕しなかった。さらに永久元年(1113年)に発生した永久の変に伴って、兼官の右兵衛督も解かれてしまう。師頼の籠居は父・俊房を深く悩ませたとされるが、この間の保安2年(1121年)に俊房が没している。

大治年間に入ると再び出仕を始めるが、ことさらに公事を務めず、さらに余りに長く出仕しなかったために、見知る人が非常に少ない状況であったという[4]鳥羽院政期に入ると、大治5年(1130年)参議在任32年を経て権中納言に昇任されるが、藤原宗忠は師頼が中納言になったことを聞いて、18,9年出仕しない間に18人が師頼を超越して中納言になったと嘲笑する日記も残している[5]

その後は、大治6年(1131年従二位・権大納言、長承2年(1133年正二位保延2年(1136年大納言と順調に昇進。この間に太皇太后令子内親王太皇太后宮大夫を務めたほか、皇太子・体仁親王(後の近衛天皇)の母方の祖母が師頼の妹(源方子)であった縁故により、その春宮大夫も兼帯している[6]

保延5年(1139年)12月4日喉の病気により薨去享年72。

人物編集

和歌に秀で、『金葉和歌集』(5首)以下の勅撰和歌集に23首入集する[7]漢詩文を広く学び、寛治5年(1091年)六条水閣曲水宴、嘉保2年(1095年)および同3年(1096年)師通邸作文会、嘉保3年(1096年)御書所作文会などで漢詩を作ったとされており、現存する作品は『中右記部類紙背佚名漢詩集』に僅かに残されている[8]

学才も高く、漢学では大江匡房に師事、藤原頼長に『漢書』を伝授し[9]、頼長自身も日記『台記』において師頼を「先師」と呼んでいる[10]有職故実にも優れ、除目作法の儀式書などを編んでいたが現存せず、僅かに『魚魯愚抄』などに逸文が見出されるのみとなっている。これらは中世に重んじられた村上源氏の公卿学に連なるものである。

また、大変な蔵書家であり、師頼が大江匡房を自邸に迎えた日の夜に自邸が火災に見舞われ、数千冊の書物が灰になったという[11]

逸話編集

和歌の速詠に優れていたとされ、以下の逸話がある[6]

  • 師頼が以前から好意を寄せていた女から、百首歌を詠んだなら結婚しよう、との話があった。女が出した題に応じて、師頼は宵から明け方になる間に、百首を読み終わったが、その間に女は隠れてしまった。女は周防内侍の縁故であったことから、この話を聞いた人々は周防内侍の過失であると言ったという。

長い間参議のまま昇進できなかったことについては、実際は師頼が出仕しなかった事が原因であるが、以下の逸話も残っている[12]

  • 師頼が若い頃に「採桑老」という舞をする夢を見たが、物事に詳しくない人が「宰相(参議)で久しくいらっしゃる」と興ざめな夢合わせをしてしまった。師頼がこれに怒ったこともあり、夢合わせした者は早くに亡くなってしまい、師頼も長く宰相の地位に留まることになってしまったという。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『中右記』
  2. ^ 藤原宗忠・源基綱の権中納言任官時期は嘉承元年12月27日(1107年1月29日)。2人の参議任官時期は、藤原宗忠:康和元年12月(1100年1月)、源基綱:承徳2年12月(1099年1月)。(『公卿補任』)
  3. ^ 「その後嘉承元年予ならびに基綱中納言に任ずるの後籠居」(『中右記』大治4年9月7日条)
  4. ^ 『中右記』大治4年正月22日,9月7日条
  5. ^ 『中右記』大治5年10月5日条
  6. ^ a b 『今鏡』村上の源氏,堀河の流れ
  7. ^ 『勅撰作者部類』
  8. ^ 竹鼻[1984: 51]
  9. ^ 保延3年-同4年(1137年-1138年)にかけて『漢書』を講説したという(『台記』康治2年(1143年)9月29日条)。『古今著聞集』や『今鏡』(藤波の中,飾り太刀)にも師頼から頼長への『漢書』伝授の記載がある。
  10. ^ 『台記』仁平元年2月23日条
  11. ^ 『永昌記』嘉承2年4月2日条。同様の記述は同日条の『中右記』にもある。
  12. ^ 『今鏡』村上の源氏,夢の通ひ路
  13. ^ a b c d 『近衛府補任』

出典編集