メインメニューを開く

源村(みなもとむら)とは、千葉県山辺郡(のちに山武郡)にかつて存在した村である。現在の東金市の北部、山武市の西部にあたる。東金市立源小学校などにその名をとどめる。分村の影響により、旧村域では現在でも二重飛地を含めた複雑怪奇な市境となっている。

源村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 分割編入合併
源村東金市日向村
現在の自治体 東金市山武市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
山武郡
隣接自治体 山武郡東金町、日向村
印旛郡八街町
源村役場
所在地 千葉県山武郡源村
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、下布田村、植草村、雨坪村、武勝村、上布田村、極楽寺村、三ヶ尻村、酒蔵村、滝沢村が合併して山辺郡源村が発足。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 山辺郡、武射郡が統合されて山武郡となる。
  • 1954年昭和29年)4月1日 - 一部の地域(上布田、極楽寺、三ヶ尻、酒蔵、滝沢)が東金町に、残部(下布田、植草、雨坪、武勝)が日向村にそれぞれ編入し、源村廃止。東金町は即日市制施行し東金市となる。

関連項目編集