メインメニューを開く

源氏物語 上の巻・下の巻

『橋田壽賀子スペシャル 源氏物語 上の巻・下の巻(光源氏第1部・第2部)』(はしだすがこスペシャル げんじものがたり じょうのかん・げのかん(ひかるげんじ だいいちぶ・だいにぶ))は、TBS創立40周年記念番組として1991年12月27日1992年1月3日の2回にわたり放送された源氏物語を題材としたテレビドラマ。放送時間は上の巻・下の巻とも4時間ずつ。計8時間。

目次

概要編集

  • TBS創立40周年記念番組という事もあり、橋田壽賀子作品に数多く出演している俳優が勢揃いしており、超豪華な源氏物語となった。総製作費12億円。

内容編集

進行役として紫式部三田佳子)が登場し、藤原道長石坂浩二、声のみ)と語り合いながら物語に入る。話の大筋は光源氏東山紀之(上の巻)、片岡孝夫(下の巻))を中心に描かれるが、本作の事実上の主人公は藤壺女御紫の上の二役を演じた大原麗子である。紫の上の死をもって物語は終幕となる。

上の巻編集

下の巻編集

  • 紫の上の死去で物話は終わる。

再放送編集

スタッフ編集

キャスト編集

ノベライズ編集

  • 橋田壽賀子『源氏物語〈上の巻〉』 1991年 ベストセラーズ ISBN 4584181268
  • 橋田壽賀子『源氏物語〈下の巻〉』 1991年 ベストセラーズ ISBN 4584181276

外部リンク編集