源泰清

平安時代中期の公卿

源 泰清(みなもと の やすきよ)は、平安時代中期の公卿醍醐天皇の孫。兵部卿有明親王の三男。官位従三位左京大夫

 
源泰清
時代 平安時代中期
生誕 承平6年(936年
死没 長保元年4月11日999年5月28日
官位 従三位左京大夫
主君 一条天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:有明親王、母:藤原暁子(藤原仲平の娘)
兄弟 忠清、正清、泰清、守清、明救昭子女王、馨子女王、藤原公季
藤原雅材の娘
頼節、頼貞、藤原行成室、藤原行成室
テンプレートを表示

経歴編集

弾正大弼木工頭播磨守大蔵卿などを歴任する。讃岐守在官中に豊楽院造営を手掛け、その功労により永延2年(988年従三位に叙せられて公卿となる。また、同時に左京大夫に任ぜられている。

長保元年(999年近江守に任ぜられるが、同年4月11日に薨去享年64。最終官位は従三位左京大夫兼近江守。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『親信卿記』
  2. ^ 『類聚符宣抄』8
  3. ^ 『小右記』
  4. ^ 『円融院御受戒記』
  5. ^ 『公卿補任』
  6. ^ 『大間成文抄』5
  7. ^ 『日本紀略』

参考文献編集