メインメニューを開く

源 満快(みなもと の みつよし/みつやす)は、平安時代中期の武将源経基の五男。満扶(みつすけ)とも記される。

 
源満快
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 満扶
官位 従五位下右衛門尉検非違使相模介下野守
氏族 清和源氏経基流
父母 父:源経基
兄弟 満仲満政満季満実満快満生満重(満成)満頼[1]源元亮室、藤原惟岳
満国行頼(行満)頼季[2]
テンプレートを表示

略歴編集

都における中級官人として活動し、右衛門尉、検非違使、相模介、下野守などを歴任し極位は従五位下であったとされる[3]。その詳しい動向は不明であるが、下野守在任中もしくはそれに近い時期に卒去していることを伝える記録が残る[4]

満国行頼(行満)ら三人の子も中級官人として東国の受領などを務めたとされ、その子孫は武家として主に信濃国に土着した。

脚注編集

  1. ^ 満季の子とも。
  2. ^ 源頼平と同一人物とも。
  3. ^ 尊卑分脈』。
  4. ^ 類聚符宣抄』第8載録太政官符