源 為仲(みなもと の ためなか)は、平安時代後期の武将河内源氏源為義の九男。母は江口の遊女であり、鎮西八郎為朝は同母兄にあたる。通称は九郎。

 
源為仲
時代 平安時代後期
生誕 康治元年(1142年)?
死没 保元元年7月30日1156年8月17日
別名 通称:九郎
氏族 河内源氏義親流
父母 父:源為義、母:江口の遊女
兄弟 義朝義賢義憲頼賢頼仲為宗為成為朝為仲鳥居禅尼行家維義?、頼定?、正親?、仙覚、乙若、亀若、鶴若、天王、美濃局佐々木秀義室、中村光隆室ら
テンプレートを表示

略歴編集

保元の乱では為義に従い、崇徳上皇藤原頼長方として参戦。敗北し、父と共に兄・義朝のもとに降参する。義朝によって助命嘆願されるも叶わず、義朝の手によって船岡山京都市北区)において、父や兄弟らと共に斬られた。

兄の為朝を主人公にした江戸時代曲亭馬琴の読本『椿説弓張月』の中では、為朝を天から迎えにくる使者として登場する。