メインメニューを開く

源 為成(みなもと の ためなり、生年未詳 - 保元元年7月30日1156年8月17日))は、平安時代末期の河内源氏の武将。源為義の七男。母は賀茂神社神主賀茂成宗の娘。通称は八幡七郎、また賀茂七郎とも。

経歴編集

保元の乱では為義に従い、崇徳上皇藤原頼長方として参戦。敗北し、父とともに兄義朝のもとに降参する。義朝によって助命嘆願されるも叶わず、義朝の手によって船岡山京都市北区)において、父や兄弟たちとともに斬られた。

現在の兵庫県加西市天雲山に、乱の後為成が潜伏していたという伝説が残っている。

参考文献編集