源 義公(みなもと の よしきみ)は、平安時代後期の武士源義綱の六男。五条院判官代

 
源義公
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 天仁2年(1109年
氏族 河内源氏義綱流
父母 父:源義綱
兄弟 義弘義俊義明義仲義範義公義直
テンプレートを表示

略歴編集

天仁2年(1109年)、河内源氏の棟梁であり、従兄弟でもある源義忠が暗殺されるという事件(源義忠暗殺事件)が発生し、父・義綱と兄・義明がその暗殺犯とされた。義綱はこれを受けて義公を含めた息子らと共に近江国甲賀山(鹿深山)へ立て籠もるという行動に出た。

そこに棟梁を継いだ義忠の甥源為義白河院からの追討命令を受けて攻めかかってきた。義公は兄達が次々に自害していくのを最後まで見届け、一人静かに自害した。

参考文献編集