源 義明(みなもと の よしあき)は、平安時代後期の武士源義綱の三男。母は大舎人頭藤原親明の娘。通称は美濃三郎。

 
源義明
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 天仁2年2月16日1109年3月19日
別名 通称:美濃三郎
氏族 河内源氏義綱流
父母 父:源義綱、母:藤原親明の娘
兄弟 義弘義俊義明義仲義範義公義直
テンプレートを表示

略歴編集

天仁2年(1109年)、河内源氏の棟梁であり、従兄弟でもある源義忠が暗殺されるという事件(源義忠暗殺事件)が発生した。当初犯人は美濃源氏源重実とされたが無実が判明すると、今度は父・義綱と義明が犯人と目されて朝廷から嫌疑を受けた。現場に残された刀がなぜか義明のものだったからである。実行犯は義明の乳母夫であり滝口武者である藤原季方であるとされた。義綱はこれに怒り、嫡男・義弘を始めとする5人の兄弟達もこれに抗議の意を込めて父子そろって近江国甲賀山(鹿深山)へ立て籠もるという行動をとった。その際、義明は病の為行動を共にできず、藤原季方邸に籠った。

こうして甲賀山に入った一行ではあったが、棟梁を継いだ義忠の甥源為義白河院からの追討命令を受けた上、義綱の弟であり真犯人である源義光が為義の後押しをするに及んで甲賀山攻撃を開始すると義綱方は各所で敗退し、ついに義綱は降伏しようと言い出した。しかし、それに納得できない兄弟らは全員自害し義綱は為義に投降した。

一方で藤原季方邸に籠る義明と季方も白河院の命を受けた検非違使判官源重時による攻撃を受け、重時側に二百余人の死傷者を出させるほどの奮戦をしたが最後は二人とも自害して果てた。

ちなみに、義明の刀を持ちだして義光に渡したのは季方であった。

参考文献編集